さいたま の おっさん 多め
乙3速報 2ch VIP まとめ (・∀・)ノシ TOP  >  2ch VIP SS >  ('A`)は主人公ではないようです
RSS

('A`)は主人公ではないようです

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1335780998/

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:16:38.80 ID:zBHWQF0Q0




あの時踏み外したペダルは握り損なった君の手なんだ

あの時きれなかったブレーキは伝えられなかった言葉なんだ



('A`)は主人公ではないようです





2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:17:53.55 ID:zBHWQF0Q0



('A`)「よう」

( ^ω^)「ドクオかお。もっと美人が見舞いに来ればいいのに」

('A`)「悪かったな。手ぶらもどうかと思って持ってきたけどいらんか」

( ;^ω^)「正直すまんかった」

( ^ω^)「せめてメロンは置いてけお」

('A`)「しょうがないから切ってやんよ」

( ^ω^)「感謝するお」

( ^ω^)「そういえば、クーは一緒じゃないんだおね」

('A`)「あぁ」

('A`)「ツンの方に行ってるよ」

( ^ω^)「おっおっ! ツンは元気かお!」

('A`)

('A`)「すごく、健康だよ」

('A`)「俺らが泣かされるくらい、健康体」







3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:19:11.53 ID:zBHWQF0Q0


( ^ω^)「俺の嫁コワスwwwwww」

('A`)「ホントにな」

( ^ω^)「にしても我ながら災難だったお」

('A`)「全くだわ。自転車事故なんて最近は珍しくないけど……」

('A`)「お前が怪我するなんて」

( ^ω^)「ブーンもびっくりだお。全治3ヵ月なんて生まれて初めてだお」

( ^ω^)「そしてブーンがそんな大ケガをするくらいなのにツンは無傷wwww」

( ^ω^)「不幸中の幸いってやつだお」

('A`)「……不幸中の幸い……か」

( ^ω^)「ドクオ? なんだか元気がないお?」

('A`)「え? いや、ほら」

('A`)「お前のためのフルーツ盛りのおかげで財布がすっからかんなんだよ」



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:20:10.44 ID:zBHWQF0Q0


( ^ω^)「おっおっwwwww悪いことしたおwwwwwww」

('A`)「笑ってんじゃねーかwwwwww」

('A`)「じゃあ俺もツンのとこ行ってくるわ」

( ^ω^)「ブーンも早くツンに会いたいお」

( ^ω^)「ってかなんで駄目なんだお? 二人ともいたって命に別状なし、だお?」

('A`)「……そういう決まりなんだよ。諦めろ」

( ^ω^)「おー……同じ病室の人としか話せないなんておかしいおこの病院……」

('A`)「ま、帰りがけにまた寄るから。もしかしたらクーが来るかもしれないけど、そん時はよろしく」

( ^ω^)「お。ありがとうだお。なんだかんだでしょっちゅう見舞いに来てくれて」

( ^ω^)「ツンにもよろしくだお!」

('A`)「……おぅ」



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:21:20.12 ID:zBHWQF0Q0




('A`)「大丈夫か?」

川 ゚ -゚)「……あぁ。すまん。ずっとひとりで見ているのはやはり悲しくなってくるな」

('A`)「悪い」

川 ゚ -゚)「いや、いいんだ。気にしないでくれ」

('A`)「ブーンに聞かれたよ。ツンは元気かって」

('A`)「健康体って答えといた」

川 ゚ -゚)「健康体……か」

('A`)「俺の健康の定義は、体が正常に機能している状態のことだよ」

川 ゚ -゚)「……」

('A`)「元気の定義は、心身が正常に機能している状態のことだよ」

川 ゚ -゚)「……わかっているよ」

('A`)「ツンは、健康だな」

川 ゚ -゚)「健康だな、確かに」



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:22:01.07 ID:zBHWQF0Q0





ξ-⊿-)ξ



('A`)「今日も目を覚まさないのか」

川 ゚ -゚)「動かないよ。見目はこんなに綺麗なのにな」

('A`)「そうか……」

('A`)「ブーンが馬鹿でよかったよ」

川 ゚ -゚)「……そうだな」


頑丈が取り柄のブーンが、全治3ヵ月なのに、ツンは無傷。

至って健康。

そんなことあると思ってんのか?




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:23:01.27 ID:zBHWQF0Q0



('A`)「まだ……ツンの親にはバレてないんだろ?」

川 ゚ -゚)「元々ツンはそこまで頻繁に親と連絡を取る方じゃなかったしな」

川 ゚ -゚)「早めに目を覚ましてくれればこのままバレずに済むだろうな」

('A`)「……医者から話はきいてきたのか?」

川 ゚ -゚)「あぁ」

川 ゚ -゚)「まるで全く、意識が戻る予感がないそうだ」

('A`)「……ごめん」

川 ゚ -゚)「君が謝ることはないよ」

('A`)「辛いことを、一人で聞きにいかせて」

川 ゚ -゚)「ブーンを騙すドクオのほうが辛いだろう」

('A`)「……俺が決めたんだから」

川 ゚ -゚)「意識が戻った直後のブーンを見れば誰もがそうする」





9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:24:31.26 ID:zBHWQF0Q0





( ゚ω゚)「ツンは!? ツンは無事かお!」

('A`;)「ちょ、落ち着け! お前怪我してるんだぞ!」

( ゚ω゚)「関係ないお! ツンは大丈夫なのかお!?」

( ゚ω゚)「全部ブーンのせいだお!! ツンが怪我してたら大変だお!! ツンは!!?」


('A`)「落ち着けっ! ツンは無傷だから!!」


( ゚ω゚)

( ´ω`)「……そうかお」

('A`)「あぁ。どこにも傷はない。大丈夫だ」

('A`)「だから落ち着いて、今は寝ろ」

( ´ω`)「そうするお……よかったお……ツン……ツン……」

( ´ω`)「……Zzz」

('A`)(ツンは無傷だ……頭を強く打ったっていうのに全然外傷が見当たらない……)

('A`)(間違ったことは言ってない……)



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:26:34.28 ID:zBHWQF0Q0




間違ったことは、多分、言ってない

でも、嘘をついてしまった



('A`)「俺があの時決めたんだよ」

川 ゚ -゚)「……」

('A`)「……付きあわせて、悪い」

川 ゚ ー゚)「君は少し謝りすぎだぞ」

川 ゚ -゚)「ツンに脳死判定が下ったわけじゃない。医者はああいっているが、可能性は十分にある」

川 ゚ -゚)「ツンのことだ。自分を自転車事故に巻き込んだ男を一発殴らないと気が済まないだろう」

('A`)「……そうだな」

('A`)(結局こうやっていつも励まされてるんだよな俺……)



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:26:48.90 ID:qby07YzA0


さるよけ


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:29:29.65 ID:7CD+eQYzO





14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:29:36.38 ID:zBHWQF0Q0




(´・ω・`)「それで、君はどうするんだい?」

('A`)「どうもこうもねぇよ。俺が知りたい」

(´・ω・`)「多分、今のままじゃツンは目覚めないよ」

('A`)「なんでわかるんだよ……」

(´・ω・`)「バーのマスターの勘」

('A`)「よく当たると評判のいい」

('A`)「ふざけるな」

(´・ω・`)「ごめん」

('A`)「……いいよ、別に」

(´・ω・`)「お詫びに。ひとつ、アドバイス」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:31:09.91 ID:zBHWQF0Q0



(´・ω・`)「主人公は、君じゃないよ」

('A`)「……どういうことだよ」

(´・ω・`)「主人公っていうのは一番重要な役を担うんだ。その役目は、君のものではないよ」

('A`)「……? よくわからんが、まぁ、ありがと。てか何それ?」

(´・ω・`)「マスターの勘。よく当たるよ」

('A`)「ふざけるな」

(´・ω・`)「(´・ω・`)ショボーン」

('A`)「まぁテキーラくれ」

(´・ω・`)「サービスだよ」



川 ゚ -゚)「やぁ」

( ^ω^)「おっおっ。今日は美人だおwww」

川 ゚ -゚)「いいのかそんなことを言って。ツンに言いつけておくぞ」

( ^ω^)「ちょwwwwやめてwwwww」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:32:22.06 ID:zBHWQF0Q0


川 ゚ -゚)「退屈だろう。漫画を持ってきたが」

( ^ω^)「ありがとうだお」

( ^ω^)「ってオマwwwwww少女漫画wwwwwww」

川 ゚ -゚)「怪我人にバトルしまくりの少年漫画を持ってくるのも気が引けたからな」

川 ゚ -゚)「残念ながら小コミじゃないぞ。エロに期待するなよ」

( ^ω^)「テラ純愛wwww初々しいwwwwww」

川 ゚ -゚)「君とツンが付き合い始めたときとそっくりだろう」

( ^ω^)「ホントだお……交換日記とか……今考えると我ながらくさすぎだお」

川 ゚ ー゚)「そこが君のいいところでもある」

川 ゚ -゚)「まぁ、読みふけってくれ。私はツンのところにいこう」

( ^ω^)「了解だおーツンによろしくだおー」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:35:44.68 ID:zBHWQF0Q0




ξ-⊿-)ξ「…………」

川 ゚ -゚)「口開けて寝るな、ツン。乙女が台無しだぞ」

川 ゚ -゚)「などと言ってもやはり反応はないのだな……」

川 ゚ -゚)「ドクオはバイトで来れないんだったか……」

川 ゚ -゚)「……」

川 ゚ -゚)「帰るか」


なぁツン。君は何を見ているんだ?

早く戻ってこいよ

ブーンが悲しむ。私も悲しむ。ドクオだって

それに

川 ゚ -゚)「君が戻ってこないと、こんな状況じゃあ……」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:36:15.02 ID:zBHWQF0Q0


すまん飯に行ってくる
落ちてたらまた後日立てる



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:40:24.37 ID:I5CeycpT0


ほしゅ


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:45:24.20 ID:zBHWQF0Q0


ただいま

投下再開



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:45:49.52 ID:cm9+aWyJO


はやいな


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:46:11.13 ID:zBHWQF0Q0


夜 病室


( ^ω^)「ツンに早く会いたいお」

( ^ω^)「両足が折れてなかったらこっそり会いにいってるところだったお」

( ^ω^)「あ、でもブーンが怪我してるところを見たらツンは心配するおね」

( ^ω^)「やっぱり我慢だお!」

( ^ω^)

( ^ω^)「やっぱり会いたいお……」

( ^ω^)「寂しくて仕方ないからクーから貰った本でも読むお」

( ^ω^)「ホントに初々しいおこいつら……手書きの手紙に萌えてんじゃねぇお……」

( ^ω^)

( ^ω^)!

( ^ω^)「そうか、会うのが駄目なら手紙でも書けばいいんだお!」

( ^ω^)「クーはこっそりヒントをくれたんだおね!」

( ^ω^)「便箋も鉛筆もないお。ドクオに頼むお」メルメル

( ^ω^)「明日が楽しみだおwwwwwww」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:49:38.93 ID:zBHWQF0Q0



('A`)「クー、お前の字はどんなだった」

川 ゚ -゚)「こんなだが」サラサラ スッ

('A`)「……少し固めだが綺麗だな」

川 ゚ -゚)「ありがとう。それで、どうした?」

('A`)「このメールを見てくれ」

件名:いいこと思いついたお( ^ω^)
本文:会えないなら手紙送ればいいんだお俺天才wwwwwさっそく書くものよろしくだお!

川 ゚ -゚)「おぉ……」

('A`)「どうしよう……」

川 ゚ -゚)「病院の規則で駄目だという手をまた使えないか」

('A`)「試してみたよ。手紙くらいドクオたちがいるからこっそり渡せるだろって返信された」

川 ゚ -゚)「ふむ……ツンの字は丸っこいくせ字だったな」

('A`)「そうなんだよ。俺もクーもまるで字が違うから成りすますこともできない」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:53:38.74 ID:zBHWQF0Q0


('A`)「あの馬鹿がなんでこんな手を思いついたのか……」

川 ゚ -゚)「……すまない。私のせいだ。私がブーンに漫画を渡してしまって、そこからヒントを得たんだと思う」

('A`;)「えぇ!? 何でそんなことを……」

川 ゚ -゚)「退屈を紛らわせてやろうと思ったのだが……すまない」

('A`;)「……」

川 ゚ -゚)「……すまない」

('A`)「……」

('∀`)「……少し謝りすぎだぞ」

川 ゚ -゚)「ドクオ……」

('A`)「アイツのことだから放っておいたらじきに這ってでも会いにいくよ」

('A`)「手紙のことは俺が何とかするから、安心しろ」

川 ゚ -゚)「……ありがとう」

('A`)「おう」

('A`)(初めて慰めた気がする)

('A`)(……手紙、どうしよう)



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:57:15.16 ID:zBHWQF0Q0



(´・ω・`)「それで、困った時の僕頼みかい」

('A`)「悪いとは思ってるよ。でもお前しか頼めるような奴がいないんだ」

(´・ω・`)「友達少ないからね君」

('A`)「うるせぇ」

(´・ω・`)「まぁまぁ落ち着いて。このテキーラはサービスだから」

('A`)「せんきゅ」

(´・ω・`)「Thank you をせんきゅと読む人は下心があるんだって」

('A`)「ふざけるな」

(´・ω・`)「バレた」

(´・ω・`)「で、ツンの代筆?」

('A`)「あぁ。お前ならできそうだ」

(´・ω・`)「ツンの字ねぇ……こんなんだっけ」サラサラ スッ

('A`)「おぉすげぇそっくり」

(´・ω・`)「それなりに特徴はつかめてると思うよ」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:59:58.51 ID:zBHWQF0Q0



('A`)「……バーのおっさんがこんな字かけるのはちょっとキモいわ」

(´・ω・`)「(´・ω・`)ショボーン」

('A`)「……まぁ、よろしく頼むよ」

(´・ω・`)「それはいいけど」

(´・ω・`)「そんなことをしていてもツンは目を覚まさないよ?」

('A`)「……なんでわかるんだよ」

(´・ω・`)「マスターの勘。よく当たるよ?」

('A`)「……」

('A`)「誰が主人公なんだ」

(´・ω・`)「配役的にそれを教えるのは僕じゃないと思うんだ」

('A`)「ふざけるな」

(´・ω・`)「おっとちょっと酔ってないかい。口調が荒いよ」

('A`)「……そうだな。水くれ」

(´・ω・`)「生憎うちでサービスしてるのはテキーラだけだよ」

('A`)「ふざけるな」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:01:03.36 ID:zBHWQF0Q0


書き溜め切れた

ながら投下(1スレ5分くらいかかるかも)になるのでなんなら落とします



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:01:58.69 ID:Ap1404Ali


させぬ


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:03:11.68 ID:zBHWQF0Q0



( ^ω^)「早くドクオ来ないかおー」

( ^ω^)「ブーンのこの溢れる想いをツンに伝えるんだお!」

ガチャッ

( ^ω^)「お、ドクオかお! 待ってたお!」

川 ゚ -゚)「すまない。私だ」

( ^ω^)「……お、クーかお。でも嬉しいお! 見舞いは喜ばしいことだお!」

川 ゚ -゚)「何かドクオを待つ理由があったのか?」

( ^ω^)「ツンに手紙を書くから便箋と筆記用具をドクオに頼んだんだお!」

( ^ω^)「クーの漫画がヒントをくれたんだお。ありがとだお」

川 ゚ -゚)「……そうか」

川 ゚ -゚)「それはよかった」

( ^ω^)「おっおっ。そんなこと言って、ホントはクーはこっそりヒントをくれたんだおね」

( ^ω^)「やっぱりクーは頭がいいお」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:08:09.28 ID:zBHWQF0Q0



( ^ω^)「そして優しいお」

川 ゚ -゚)「……優しい? 私が?」

( ^ω^)「お。ドクオはたまにバイトとか言って見舞いに来ないけどクーは毎日来てくれるお」

( ^ω^)「クーもバイトはしてるおね。でも毎日来てくれるお!」

川 ゚ -゚)「……」

川 ゚ -゚)「ドクオだって充分優しいだろう」

川 ゚ -゚)(君たちのためにショボンのところに行って知恵を借りたりしているし)

( ^ω^)「確かにアイツもフルーツ盛りとか持ってきてくれたおwwwwww」

( ^ω^)「ま、まぁ見舞いのことを最初に言ったけど、そういうことではないんだお」

川 ゚ -゚)「?」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:09:57.78 ID:3QD06gTk0


スレとな


37 :>>36 間違った。レスだな 2012/04/30(月) 20:12:55.34 ID:zBHWQF0Q0


( ^ω^)「おー……なんだかうまく言えないお」

( ^ω^)「ともかく、ブーンはクーにすごく感謝してるんだお」

( ^ω^)「ブーンがツンに告白できたのもクーの後押しがあったからだし」

( ^ω^)「こうして会えない間も、漫画とかからこっそり手立てを考えてくれるし」

( ^ω^)「ドクオなんて最初にブーンたちが付き合い出したと知った時爆発しろとか抜かしたんだおwwwwww」

川 ゚ -゚)「それは彼なりの祝福の言葉だろう」

川 ゚ -゚)「君に告白しろと言ったのだって、ドクオが……」

( ^ω^)「お?」

川 ゚ -゚)「あぁ、いや」


('A`)「クー、頼みがあるんだ」

('A`)「ブーンの背中を押してやってくれ」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:14:15.32 ID:HFRngwLa0


久しぶりだな…ブーンSS
しえん


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:17:05.53 ID:zBHWQF0Q0



川 ゚ -゚)「何で私なんだ。君はブーンの親友だろう?」

('A`)「……俺は恋愛に関しては全く駄目だし」

('A`)「クーみたいにみんなから頼られるような存在でもない」

('A`)「俺がアイツの背中を押そうとしたって、アイツは弱気になるだけだよ」

('A`)「小さい頃からずっと一緒だったからな」

('A`)「俺の恥ずかしい勘違いで失敗した恋愛全部知ってるし」

('A`)「そんな奴に言われたって勇気はでねぇよ」

川 ゚ -゚)「しかし私だって恋愛経験はないぞ」

('A`)「月に1回ラブレター貰ってるくらいモテはするだろ」

('A`)「よくもまぁあれだけ容赦なく振れるもんだ」

川 ゚ -゚)「好きでない男と付き合う気はないからな」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:19:51.36 ID:TuZgbPjx0


支援
ブーンはいい友人に恵まれてるな


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:22:33.15 ID:zBHWQF0Q0


('A`)「まぁ、それだけモテるやつに言われたら多少は自信もつくだろ」

川 ゚ -゚)「ふむ」

川 ゚ -゚)「君が言っても問題は……」

('A`)「俺じゃ駄目なんだよ。俺はドクオだぞ?」

川 ゚ -゚)「……そうか」

川 ゚ -゚)「わかった」

('A`)「おぉ、せんきゅ」

('∀`)「……あいつら、絶対うまくいくって思うからさ」

('A`)「俺自分に対する好意は大いに勘違いするけど、人のには目ざといんだよ何故か」

川 ゚ -゚)「……確かに、君自身に対する好意には本当に気付かないな」

('A`)「え、何もしかしているの誰か俺のこと好きな奴」

川 ゚ -゚)「さぁ」

('A`)「」

('A`)「……ブーンのこと、よろしくな」

川 ゚ -゚)「あぁ」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:27:30.97 ID:zBHWQF0Q0



本当に自分に自信がなくて

すぐ側に君のことを思ってる奴がいるなんて考えもしないんだろう

ブーンがツンと仲良くなっていくのに、僻みの眼差しを向けることもなく

私のように幼馴染がとられた気がして、悔しがるなんてことせずに

あぁ君はどれだけ優しい人なのか――――


( ^ω^)「クー?」

川 ゚ -゚)「あぁ、すまない。ちょっと考え事だ」

川 ゚ -゚)「ツンに私のことを褒めちぎっていたと伝えたらどうなるかと想像してね」

( ^ω^)「ちょっやめいwwwwwwwwww」

川 ゚ -゚)「フフフ」


そうだ。主人公は私じゃない

こんな想いを語るのは主人公のやることだ

この物語は、私とドクオの物語ではないのだから

川 ゚ -゚)「……まだ、黙っておこう」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:27:45.66 ID:VldX3zQK0


数十分おきに見てるよ~


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:34:00.86 ID:zBHWQF0Q0



ツンへ


おっおっ僕だお。ブーンだお

ブーンは今回の事故で本当に反省したお

二人乗りなんて今時やるもんじゃないっていうツンを無理やり乗せたブーンは本当に馬鹿だったお

ツンは怒ってるおね。本当にごめんなさいだお

この病院のおかしな規則で別の部屋にいっちゃいけないみたいだから会って謝れないのが本当に申し訳ないお

ブーンは初めてこんな大ケガを負ったけど、ドクオによれば無傷らしいから安心だお

ツンが退院できたらもうブーンの部屋に来るのは問題ないんだおね

ぜひ、僕を殴って欲しいお

ツンが退院できて、僕に会いに


あれ?



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:37:34.79 ID:zBHWQF0Q0



( ^ω^)「……あれ?」

( ^ω^)「……………………あれ?」


僕はこんなに馬鹿だったっけ

書いてみないとわからないほど馬鹿だったっけ。もしかして頭も打ってたのかな

おかしいじゃないか。ツンは無傷なんだろう?

( ^ω^)「……………………あれ。あれあれあれあれあれあれあれ」


もう事故から1週間は経ったんだ

変な検査も、何も済んでいるはずだ


なんで、ツンはまだ入院なんてしてるんだ?


( ^ω^)「あれ、おかしいお。おかしいおおかしいおかしいおかしい」


(  ω )「……おかしいお」



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:41:20.20 ID:SxOwcq4s0


あー、気付いたか……


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:42:27.80 ID:3QD06gTk0


ううむ


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:43:56.39 ID:zBHWQF0Q0




次の日

看護士「ブーンさん、体調はどうですか?」

( ^ω^)「元気だお。医者は3ヶ月とか言ってたけど、ブーンなら後2週間もあれば治るお」

看護士「ふふ、あなたを見てると確かにそれくらいで済みそうで怖いわ」

( ^ω^)「ところで看護士さん。ちょっと聞きたいことがあるんだけど」

( ^ω^)「実は僕の友達も入院しちゃってるんだおね」

( ^ω^)「で、もう大分歩けるようになったから僕に会いに来ようって言ってるんだけど」

( ^ω^)「別に問題ないおね?」

看護士「えぇ、全く問題ないわよ」

看護士「患者同士がお互い励ましあえるでしょうし、寧ろ推奨したいわ」

( ^ω^)「……」

( ^ω^)「そうだおね。ありがとうだお」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:45:13.07 ID:EahDovLs0


どうなるやら


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:46:18.87 ID:kEUdm4gl0


あかんでブーン・・・


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:50:20.04 ID:T8pLmeEd0


あーかーんー


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:53:07.93 ID:zBHWQF0Q0



( ^ω^)「…………」

( ^ω^)「…………」

( ^ω^)「……………………」

(  ω )

(  ω )

(  ω )

(  ω )「違う」

(  ω )「ドクオも、クーも、優しいんだお……」

(  ω )「ブーンの友達なんだお」

だから

だから

信じるお




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:56:49.83 ID:zBHWQF0Q0



信じるから、信じるから

きっと、ブーンのためなんだって信じるお

だからドクオ、だからクー

教えてお

ツンは今どんな状況なんだお

信じるから、ブーンのためなんだって信じるから

ツンのことを教えて

教えてください

ねぇ




ガチャ



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:57:45.74 ID:pbV9KmXJ0


支援

昨日今日で荒らしが沈静化しているからいいねぇ。


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:06:35.57 ID:zBHWQF0Q0


('A`)「よーっす」

(  ω )「!」

('A`)「すまん1日遅れて。ほれ、ちゃんと買ってきたぞ」

('A`)「ツンの好みは俺にはわからんから数種類買ってきてやるくらいだ。ホントに感謝しろよ……」

(  ω )「ドクオ……」

('A`)「……どうした?」

(  ω )「ドクオは、優しいお」

('A`)「あ?」

(  ω )「僕は、すぐ怒るし、いつも単純だって言われるくらいには馬鹿だお」

(  ω )「でもドクオはそんな僕の側にずっと居てくれたお」

(  ω )「小学校でいじめられたときも側にいてくれたし」

(  ω )「中学校でドクオがいじめられているのを庇おうとした僕をわざと引き離したりもしてくれたお」

(  ω )「そんな優しいドクオだから」

(  ω )「そんな優しいドクオの好き人のクーだから」

(  ω )「僕は……信じることにしたお」



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:08:24.34 ID:h5ifyDpBI


うわあああ...


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:13:29.51 ID:zBHWQF0Q0



(  ω )「だから教えてくれお」

( ;ω;)「ツンは今どうしてるんだお!?」

('A`;)「!?」

( ;ω;)「僕だってそこまで馬鹿じゃないお! 無傷なのにずっと入院中なんておかしいお!」

('A`;)(やべっ俺の馬鹿)

('A`;)「それは……その」

('A`;)「ほら、アレだよ! お前絶対心配するじゃねぇか! 馬鹿な行動起こすじゃねぇか!」

('A`;)「確かにツンもまだ入院中だよ! 怪我してるからな!」

( ;ω;)「どこを怪我してるんだお!?」

('A`;)「えと……えと……左腕だよ! 左腕!」

('A`;)「ほかは全部無事なんだ! だけど左腕が複雑骨折だから! お前がそんなこと聞いたら絶対パニクるから!」

( ;ω;)「本当に左腕だけかお!?」

('A`;)「あぁ本当だよ!!」

( ;ω;)「じゃあ、それなら

      会いに来れるだろう!?」



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:14:49.43 ID:3QD06gTk0


嘘が下手だなドクオ…


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:19:17.28 ID:zBHWQF0Q0


('A`;)「それは言ったじゃねぇか! 病院の規則なんだよ!」

( ;ω;)「嘘だお! 看護士さんに聞いたお!!」

('A`;)「っ……!」

( ;ω;)「僕は信じてるお! ドクオのことも、クーのことも」

( ;ω;)「だからだからだから、だから」

( ;ω;)「だからこれはドクオがそうしなければと思う程度には何かあったんだなって」

( ;ω;)「何年友達だと思ってるんだお! それくらい気付くお!!」

('A`)「ブーン……」

( ;ω;)「ドクオは僕を心配してそんなこと言ってくれたんだろう!? わかるお、わかってるお」

( ;ω;)「だってブーンの親友だから!!」

( ;ω;)「だからこそだお……」

(  ω )「だからこそ……教えて欲しいお……」

(  ω )「もし、僕が突拍子もないことしだしたら……きっとドクオが止めてくれるんだおね……?」

(  ω )「だから……」

「その通りだよ」



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:22:46.27 ID:zBHWQF0Q0



(´・ω・`)「まったく、君は嘘が下手だね」

川 - )「……優しい奴なんだから許してやってくれ」

('A`)「ショボン! クー!」

(´・ω・`)「ブーン。僕から全部話そう」

( ;ω;)「お……」

( ;ω;)「…………そうしてくれお」

(´・ω・`)「話が終わるまで二人は外にいるように」

(´・ω・`)「早く出て行け」

('A`)「……」

川 - )「……」

「「……はい」」



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:23:31.74 ID:rPRsM1su0


ドックンェ…


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:24:04.46 ID:TuZgbPjx0


きついな…
支援


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:27:38.37 ID:6DcN+zTS0


重い


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:30:19.24 ID:zBHWQF0Q0



('A`)「……ごめん」

川 ゚ -゚)「……すまない」

('A`)「なんでクーが謝るんだよ」

川 ゚ -゚)「……ショボンを、連れてきたことに対してだ」

('A`)「……そっちの方がよかったんだよ」

('A`)「アイツは大人だから、ブーンの感情が乱れたってどうにでもできるさ」

('A`)「……なんで俺たち子どもだけでどうにかしようなんて考えたんだ」

('A`)「ツンの両親にも知らせて、ブーンにも真実を伝えて」

('A`)「そうやって、みんなを頼ったほうがよかったんだろうな」

('A`)「俺はブーンをずっと昔から知ってたから、事故って最初に目を覚ました時のブーンを見てたから」

('A`)「だから逆に、ブーンを信じられなかったんだろうな」

('A`)「こいつは真実を受け止められるほど広い器持ってないって」

('A`)「俺が……馬鹿だったんだよ」

川 ゚ -゚)「それは違う」



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:32:27.38 ID:kEUdm4gl0


どっくん・・・


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:34:11.29 ID:zBHWQF0Q0



川 ゚ -゚)「……さっきの、全部聞かせてもらっていたんだ」

川 ゚ -゚)「私はもちろん、ブーンだってわかっていた」

川 ゚ -゚)「君はブーンのことを思ってあぁいう行動をとった」

川 ゚ -゚)「私はそれに乗った。ショボンだって加担していたじゃないか」

川 ゚ -゚)「ドクオが馬鹿だったんじゃない。私たちみんな馬鹿だったんだ」

川 ゚ -゚)「ショボンは大人だって言うが、高校中退して多少私たちより人生経験が豊富なだけだ」

川 ゚ -゚)「私たちはどうしようもなく馬鹿だったんだ。子どもだったんだ」

川 ゚ -゚)「何で私たち子どもは、自分たちだけで何とかしようと考えるのだろうな」

川 ゚ -゚)「いや……違うな。何で自分だけで何とかしようとするんだろうな」

川 ゚ -゚)「私たちみんな、馬鹿だったんだ」

川 ゚ -゚)「そして……とても優しかったんだ、私たち」



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:37:31.39 ID:TuZgbPjx0


支援
ドクオかっこええ


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:39:53.20 ID:zBHWQF0Q0



('A`)「……」

川 ゚ -゚)「私たちは、とても友達思いで、とても馬鹿だったんだ」

('A`)「………………うん」


ガチャッ


(´・ω・`)「入りなよ」

('A`)「……おう」

( ^ω^)「……ドクオ、クー」

('A`)「……」

川 ゚ -゚)「……」

( ^ω^)「僕のために今までありがとうだお」

( ^ω^)「全部……聞いたお」

( ^ω^)「僕が……ブーンがどうしようもなく子どもだったから、2人はあんなことをしてくれたんだおね」

( ^ω^)「ブーンが……とても馬鹿だったから」



103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:42:06.45 ID:cm9+aWyJO


粋で優しい馬鹿でいろ
支援


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:43:32.47 ID:zBHWQF0Q0



('A`)「俺も……馬鹿だったよ」

川 ゚ -゚)「私も……馬鹿、だな」


みんな馬鹿だったんだ

みんな友達思いだったんだ

みんな子どもだった

みんな優しかった

みんな、どうしようもない阿呆だ


(´・ω・`)「同じ阿呆なら踊らないとね」

('A`)「え?」

(´・ω・`)「ブーンが一連のことを知ったんだ。やっと主人公が舞台に立ったよ」

川 ゚ -゚)「……」


(´・ω・`)「主人公以外に、ヒロインを目覚めさせられるはずないだろう?」


( ^ω^)「え?」



107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:45:31.79 ID:mURnFhAo0


ショボンかっこいいな


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:47:43.50 ID:zBHWQF0Q0



( ^ω^)「え?」

(´・ω・`)「まぁ生憎、君が枕元で泣いて叫んだからってツンが今すぐ目覚めるわけじゃない」

(´・ω・`)「でも、ホラ、どんな漫画だってそうだろう?」

(´・ω・`)「寝たきりのヒロインとメジャーリーガーの主人公
      ホームランを打ったら彼女の手術が成功しました」

(´・ω・`)「不治の病のヒロインと勇者の主人公
      彼が長い冒険の末ヒロインに未知であった治療薬を持ち帰りました」

(´・ω・`)「主人公じゃなきゃ、ヒロインは救えないよ」

('A`)「何を……言ってるんだ、お前」

(´・ω・`)「ん」


(´・ω・`)「高校中退してちょっと人生経験豊富な、馬鹿なバーのマスターの勘」




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:49:41.98 ID:3QD06gTk0


メター


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:53:23.59 ID:zBHWQF0Q0



('A`)「……ふざけてる」

(´・ω・`)「いいや、世の中そんなものなんだよ」

(´・ω・`)「主人公しか、ヒロインは救えないんだ」

(´・ω・`)「逆に言えば、主人公ならヒロインは救える」

( ^ω^)「……難しい話だお」

(´・ω・`)「ブーン、君はね。さっさと怪我を治してツンの容態を医者に問い詰めるべきだ」

(´・ω・`)「もちろん僕やドクオ、クーも協力するけどね」

(´・ω・`)「ツンを救えるのは君だけなんだから」

(´・ω・`)「どうやって救うかは君しだいだよ」

(´・ω・`)「もしかしたら、毎日枕元で愛をささやいていれば目を覚ますかもしれない」

(´・ω・`)「もしかしたら、君が全てを諦めて絶望した時目を覚ますかもしれない」

(´・ω・`)「どの道君が動かなければ彼女は救われないんだ」

(´・ω・`)「だって君が主人公なんだから」



114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:54:23.26 ID:TuZgbPjx0


このショボンになら掘られてもいい
支援


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:59:34.32 ID:h5ifyDpBI


ショボンかっけえ
流石マスター


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:00:04.88 ID:RCK2AQg5O


みんないい奴すぎるわ支援


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:01:16.76 ID:zBHWQF0Q0



(´・ω・`)「ドクオたちがやることはツンを目覚めさせることではなくて」

(´・ω・`)「ツンを目覚めさせようと頑張るブーンを応援することだよ」

(´・ω・`)「主人公を支えるのが、主人公の仲間役ってものさ」

( ^ω^)「……………………」

('A`)「………………」

川 ゚ -゚)「………………」





数年後

ξ-⊿-)ξ「……………………」

(  ω )「…………」



120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:02:47.61 ID:DsMKe2Kt0


なんだこのしょぼくれ
穴があったら差し込みたいタイプじゃないだと


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:04:10.40 ID:zBHWQF0Q0


(  ω )「………………」

(  ω )「……………………」

(  ω )「ツン」

ξ-⊿-)ξ「………………ん」

ξ゚⊿゚)ξ「………………うん?」

(  ω )

( ;ω;)

( ;ω;)「ツンっ!!」

ξ゚⊿゚)ξ「えっちょっ何!? ここどこ!? ってか何でアンタ白衣なんか着てるの!?」

( ;ω;)「よかったお……よかったお……!」


あの時踏み外したペダルは握り損なった君の手なんだ

あの時きれなかったブレーキは伝えられなかった言葉なんだ


あぁこれは主人公の前口上


( ;ω;)「ツン、大好きだお……!!」



123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:05:14.60 ID:rPRsM1su0


うおおおおおおおおおおおおお


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:08:41.14 ID:kEUdm4gl0


うおおおおおおおつうううううんんn


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:09:25.19 ID:zBHWQF0Q0




('A`)「にしてもあいつ本当に馬鹿だよな」

川 ゚ -゚)「確かにな」

('A`)「まぁある意味一番現実的だけどさ」

('A`)「自分が医者になってツンを起こすとか、どんだけ」

川 ゚ -゚)「……すまない。実は私の漫画が原因だ」

('A`)「………………」

('∀`)「…………まぁ、いいか」

('∀`)「無事、ハッピーエンドだ」

川 ゚ -゚)「…………だな」

川 ゚ -゚)「主人公とヒロインは無事に結ばれましたとさ」

('∀`)「…………あぁ」

川 ゚ -゚)「今でも忘れられないよ、あの日のことは」

('A`)「俺も、一言一言全部覚えてる」

川 ゚ -゚)「そうか、それはよかった。私もだからな」



134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:12:18.56 ID:zBHWQF0Q0


川 ゚ -゚)「…………さて、ブーンが主人公の物語は終わったんだ」

川 ゚ -゚)「そろそろ私か君か、主人公になろうじゃないか」

('A`)「……え?」

川 ゚ -゚)「あの日、私はブーンと君の会話を全部聞いていたと言ったじゃないか」


(  ω )「そんな優しいドクオだから」

(  ω )「そんな優しいドクオの好きな人のクーだから」


川 ゚ ー゚)「これは、そういうことなのだろう?」

('A`)「!!!!!!」

川 ゚ -゚)「まさか覚えてはいるが気持ちは変わったなどとは言わないだろう?」

('A`)「…………」



137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:13:46.75 ID:kEUdm4gl0


ニヤニヤ
クーたまんねぇ


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:15:36.23 ID:mURnFhAo0


クーはいいこだなあ


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:15:56.37 ID:zBHWQF0Q0



('A`)「………………」


('A`)「…………告白は、主人公がするものかな、やっぱ」

川 ゚ -゚)「……」

('A`)「俺が主人公やるわ」

川 ゚ -゚)「……うん」

('A`)「クー」

川 ゚ -゚)「うん」

('A`)「ずっと好きだった」

川 - )「……うん」

('A`)「ずっと、俺たち2人、ブーンを支えてきたよな」

川 - )「……うん」

('A`)「今度は……お互いが、お互いを支えていきたい」



143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:18:30.02 ID:zBHWQF0Q0



川 - )「…………君は、何年経ってもやっぱり馬鹿だ」

('A`)「え」

川 - )「私はずっと、君に支えられてきた……」

('A`)「…………あぁ、俺もだった」

('A`)「ごめん、馬鹿だな俺」

('A`)「これからも、お互いがお互いを支えて生きていこう」

('A`)「…………大好きだ」

川 - )「……うん」

川 ゚ -゚)「……大好きだよ」




(´・ω・`)(僕はこの数年間でバーのマスターとして客の邪魔をしないよう完璧に空気になれるようになりました)



144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:19:11.58 ID:8dFcbATs0


ショボンさんかわいそす


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:19:20.38 ID:meZNJeA10


ショボンww


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:19:23.15 ID:RCK2AQg5O


ショボンwww


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:20:21.11 ID:kEUdm4gl0


なんかマスターってそんな感じだよなwww


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:21:49.21 ID:t1iJB+uh0


ショボン・・・


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:22:05.67 ID:l26kDZMy0


最後までかっけぇ


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:22:14.91 ID:mURnFhAo0


最高の男やでぇ・・・ショボン


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:22:21.61 ID:zBHWQF0Q0



(´・ω・`)(彼らには悪いことしたかもなぁ)

(´・ω・`)(大分くっつくのが遅くなったし)

(´・ω・`)(いや、まぁこれでいいのかな)

(´・ω・`)(……ホントに2人とも馬鹿なんだから)

(´・ω・`)(ツンを目覚めさせる話においては確かにブーンが主人公だけれども)

(´・ω・`)(2人の恋愛劇としてみれば、最初から2人とも主人公とヒロインだったんだから)

(´・ω・`)(簡単な言い回しに引っかかるあたり、2人ともまだまだ子どもで馬鹿だな)

(´・ω・`)(まっいっか)

(´・ω・`)(2人ともちゃんとハッピーエンドだしね)

(´・ω・`)(さて、この物語に置いて僕だけ完全に脇役だなぁ)

(´・ω・`)(まぁいいか)

(´・ω・`)(バーのマスターはいつだってこんな役さ)



153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:23:11.80 ID:TuZgbPjx0


むしろ影の主人公だろ…
かっこよすぎ


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:23:38.72 ID:RCK2AQg5O


いい奴しか出てこない( ;ω;)


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:27:03.10 ID:zBHWQF0Q0




まっ僕だってまだまだ子どもで馬鹿なんだろうな


ひとりのマスターが経営する、しがないバーでの客との物語と思えば

僕だって充分に主人公だ


誰だって主人公

子どもな考え方だけれど、それが真理なんだろうね


誰しも物語を持っていて、誰しもが主人公だから

だから僕も、ブーンとツンも、ドクオとクーも

僕たちの物語はまだ終わりでないのだから


さぁ今日も主人公として生きていこうか








156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:27:09.99 ID:EnGCsJtM0


ショボン、ホモ設定じゃないんだ


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:27:21.99 ID:WwuyHLz60




よかった


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:27:37.15 ID:EnGCsJtM0


乙!!すごいよかったよ


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:27:57.73 ID:AZWuAHhuO




良い話だ ショボンみたいな主人公になりてぇ


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:28:23.32 ID:kEUdm4gl0





161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:29:28.31 ID:meZNJeA10


乙、久々に良いブーン系を読めて良かった


162 : ◆HKOIu1MCiY 2012/04/30(月) 22:29:29.91 ID:zBHWQF0Q0


ということで
('A`)は主人公ではないようです
読んでくださりありがとうございました

プロットはできていましたがながら投下していくうちに大分変更しました


ご意見ご感想ご質問なんでも歓迎です



163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:29:38.27 ID:mURnFhAo0





165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:30:54.98 ID:EahDovLs0


>>162
過去作ある?


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:35:21.77 ID:zBHWQF0Q0


>>165
ブーン系ではないですが
http://logsoku.com/thread/hayabusa.2ch.net/news4vip/1331044102/



172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:39:54.37 ID:zBHWQF0Q0


正直>>168はかなりの黒歴史



173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:45:43.62 ID:cm9+aWyJO


>>168
なかなか気持ち悪かった
好きだけど


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:47:31.22 ID:EahDovLs0


>>168
読んできた
なかなか


164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:30:19.56 ID:EahDovLs0



やっぱクーいいわ


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:32:24.24 ID:RCK2AQg5O


乙です

序盤の切ない感じ、みんなの恋愛模様、粋なショボン、全部よかった!

いい話をありがとう


167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:33:00.29 ID:cm9+aWyJO





169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:36:59.51 ID:l26kDZMy0





170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:37:42.47 ID:xTzNQRf60





171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:39:48.73 ID:h5ifyDpBI


乙でした!


176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:48:20.33 ID:zBHWQF0Q0


みんな話が終わったから去ったと思ったけど
>>173読んで気付いた。まさか読みに行った?

こうして晒してしまってから後悔するのも人生です……orz






お役に立てましたでしょうか、ご主人様?
関連記事

<< 【未プレイ歓迎】やる夫で学ぶ初めてのぷよぷよ 第8話 | HOME | 大阪人の彼氏がHしたくて勃起してる(´;ω;`) >>





[ 2012年04月30日 22:48 ] カテゴリ:2ch VIP SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
更新を Twitter でお知らせしています

2ch_aavipmatome < > Reload

ブログ内検索
他サイトの気になる記事一覧
月間アクセス数
PR