さいたま の おっさん 多め
乙3速報 2ch VIP まとめ (・∀・)ノシ TOP  >  2ch VIP SS 勇者魔王系 >  魔王俺「新たな勇者幼女が選ばれたか」
RSS

魔王俺「新たな勇者幼女が選ばれたか」

1: 2019/06/06(木) 13:19:16.485 ID:6qyvnJrE00606
水晶に映る勇者幼女<がんばるぞー!

俺「おもしろい。先ずは手始めに>>3を送り込んでやろう」




2: 2019/06/06(木) 13:20:14.580 ID:M48IwrVW00606
最強装備

3: 2019/06/06(木) 13:20:34.511 ID:pT9lXpEr00606
ランドセル

4: 2019/06/06(木) 13:20:57.136 ID:x+x9iHGG00606
おじいちゃんかな?

5: 2019/06/06(木) 13:21:15.632 ID:KPWPcgfUa0606
もうかわいい

7: 2019/06/06(木) 13:23:00.683 ID:6qyvnJrE00606
俺「まずは祝ってやるか。ランドセルを送りこんでやろう。用意しろ」

側近幼女「は! まおうさまっ!」

俺(ククク、中には>>9を仕込んでおいた。この脅威から逃れられるかな?)

8: 2019/06/06(木) 13:23:20.321 ID:KPWPcgfUa0606
スク水

9: 2019/06/06(木) 13:23:22.763 ID:UKltE83V00606
お祝いの言葉

10: 2019/06/06(木) 13:24:23.588 ID:+OkfXS5H00606
優しい世界

12: 2019/06/06(木) 13:26:25.344 ID:6qyvnJrE00606
俺「ククク、中にはお祝いの言葉を仕込んでおいた。この脅威から逃げられるかな?」

側近幼女「おいわいのことばでおだてて気をゆるめさせるのですね! さすがです!」

………………………

勇者幼女「! たからばこだ!」とてとて

パカ

勇者幼女はランドセルを手に入れた!

勇者幼女「わー! これでいっぱいどうぐいれられる!」

勇者幼女「あれ? なかになにかはいってる」ごそごそ

15: 2019/06/06(木) 13:28:11.501 ID:6qyvnJrE00606
『勇者就任おめでとう! がんばれ!』


水晶に映る勇者幼女<えへへ~/// なんかてれちゃうな~

側近幼女「きいてますね。そのもりには>>16がいるともしらずに」

16: 2019/06/06(木) 13:28:42.383 ID:ASWV4Rawd0606
新しい友達

17: 2019/06/06(木) 13:29:10.735 ID:XP8Odhcg00606
平和すぎる

20: 2019/06/06(木) 13:30:39.251 ID:6qyvnJrE00606
側近幼女「あたらしいともだちがいるともしらずに……ふふふ」

俺「そろそろだな。いけ! >>22供! 勇者幼女とせいぜい遊んでやるのだ!」

21: 2019/06/06(木) 13:31:06.455 ID:u3UdJLNka0606
子犬

22: 2019/06/06(木) 13:31:12.741 ID:9I2NiEqEa0606
ロリダークエルフ

23: 2019/06/06(木) 13:31:14.376 ID:3UCTFn6J00606
ふわふわの愛玩ウサギ(攻撃力0)

25: 2019/06/06(木) 13:33:27.899 ID:6qyvnJrE00606
俺「いけ! ロリダークエルフ供!」

……………………

ガサッ

勇者幼女「ふぇ?」くるっ

ロリダークエルフ「もりをあらすにんげんめ! ゆるさんぞー!」

ロリダークたち「「でてけー!」」

勇者幼女「ふぇぇ……わ、わたしはそんなつもりじゃ……」おどおど

26: 2019/06/06(木) 13:34:29.227 ID:6qyvnJrE00606
俺「ククク、さてどうする勇者」

……………………

勇者幼女「うぅ」

勇者幼女はどうする?>>28

27: 2019/06/06(木) 13:35:02.612 ID:hPlF1NWo00606
話し合い

28: 2019/06/06(木) 13:35:07.767 ID:u3UdJLNka0606
あいさつのまほう

29: 2019/06/06(木) 13:35:21.727 ID:9I2NiEqEa0606
おままごと

33: 2019/06/06(木) 13:37:07.742 ID:J9ikaZ4ya0606
魔王有能かよ

34: 2019/06/06(木) 13:38:42.632 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「こ、こんにちワン!」

\ぽぽぽぽ~ん/

ロリダークエルフたちはおだやかになった

ロリダークエルフ「……わるいやつじゃなさそうだな」

勇者幼女「そうだよ! これからわるいまおうをたおしにいくゆーしゃだもん!」

ロリダークエルフ「! まおうさまわるいやつだったのか!」

……………………

俺「ちっ、馬鹿なやつらめ。まんまと言いくるめられおって」

35: 2019/06/06(木) 13:39:09.509 ID:hPlF1NWo00606
あっさりしてた

38: 2019/06/06(木) 13:40:10.168 ID:6qyvnJrE00606
俺「奴らはもう不必要だ。反乱分子になりえる」

側近幼女「……ということは、やつのでばんですね」

俺「そうだ。森の邪神>>40よ! やつらを叩き潰せ!」

39: 2019/06/06(木) 13:40:25.275 ID:Z4OSwN6+00606
エスター区

40: 2019/06/06(木) 13:40:36.847 ID:x+x9iHGG00606
ウリ坊

41: 2019/06/06(木) 13:41:11.281 ID:c1QunDpa00606
絵本のように話が進むなw

43: 2019/06/06(木) 13:41:50.856 ID:u3UdJLNka0606
児童小説に出来そう

45: 2019/06/06(木) 13:43:41.852 ID:6qyvnJrE00606
森の邪神ウリ坊「うり~」とてとて

勇者幼女「あ! ウリ坊だ! かわいい~♡」

ロリダークエルフ「!? そいつにちかづいちゃだめだ!」

ウリ坊「うり!」どんっ☆

勇者幼女「あぅ」どしゃ

46: 2019/06/06(木) 13:43:45.279 ID:z/xGu8FDa0606
令和の最高傑作

47: 2019/06/06(木) 13:43:59.436 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「やつはじゃしんできけんなやつなんだ! にげよう!」

勇者幼女「じゃしん!? ……じゃあにげるわけにはいかないよ!」チャキ

ロリダークエルフ「お、おまえ……わかった。きょうりょくさせてくれ」

49: 2019/06/06(木) 13:47:21.423 ID:6qyvnJrE00606
………………


ウリ坊「う、りぃ~~……」ばたっ

ウリ坊をたおした!

勇者幼女「はー、はー……やった!」

ロリダークエルフ「やったぞおまえたち! じゃしんをやっつけたぞ!」

ロリダークエルフたち「「わーい!」」

勇者幼女「えへへ、よかったね!」

50: 2019/06/06(木) 13:47:29.970 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「……もういくのか?」

勇者幼女「うん。まおーたおさないとだから」

ロリダークエルフ「わたしもついていく!」

勇者幼女「え! いいの!」

ロリダークエルフ「おまえたち。もりのことはまかせたぞ」

ロリダークエルフたち「「わかった~」」

51: 2019/06/06(木) 13:47:44.084 ID:f2WRieZH00606
かわいい

54: 2019/06/06(木) 13:49:50.536 ID:6qyvnJrE00606
俺「ちっ、低級魔族めが。勇者と協定を結ぶか」

側近「もはやしんらいにたるのはじょーきゅーまぞくたちだけみたいですね」

俺「そうだな。まぁここまではただの戯れよ。真の試練はここから始まるのだ。いけ! 四天王の一人!>>56

55: 2019/06/06(木) 13:50:43.805 ID:0QIdKxzm00606
サキュバス

56: 2019/06/06(木) 13:50:46.417 ID:t9mcvvBcr0606
ロリコンオカマ

57: 2019/06/06(木) 13:50:48.020 ID:1jpH/rmY00606
ウリ坊のお父さん

61: 2019/06/06(木) 13:53:06.361 ID:N9ffj5pA00606
いきなり脅威だ

63: 2019/06/06(木) 13:53:20.506 ID:6qyvnJrE00606
俺「ロリコンオカマ!」

ロリコンオカマ「んっふ♡ 可愛い勇者ちゃん……嫉妬しちゃうわ♡」

側近幼女(うぅ、こいつだけはいつみてもなれないですね……)ぶるぶる

俺「勇者の息の根を止めろ」

オカマ「えー! もったいないじゃない魔王様~……殺すのは楽しんでからでもいいでしょお~?」

俺「……勝手にしろ」

66: 2019/06/06(木) 13:57:01.716 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「わー! おっきなまちだー!」

ダークエルフ「ひとごみはおちつかないな……」そわそわ

勇者幼女「さかばやさんだ!」たったったっ!

チリン

酒場の親父「お嬢ちゃん。わりぃが子どもに酒はだせねぇぜ」

勇者幼女「ううん。わたしゆーしゃでね? ここにはなかまをあつめにきたの」

酒場の親父「! 勇者様だったのかい! めんこいなぁオイ」

70: 2019/06/06(木) 13:58:59.931 ID:6qyvnJrE00606
酒場の親父「仲間か……勇者様の力になれる腕の立つやつは……あいつなんかどうだ?」

勇者幼女「え? あのひと?」

>>72「!」

71: 2019/06/06(木) 13:59:55.975 ID:UJDueuNf00606
ロリ獣人

72: 2019/06/06(木) 14:00:01.503 ID:KN9yzXifa0606
伝説の校長

73: 2019/06/06(木) 14:00:07.585 ID:wr5SefXE00606
用心棒ミフネ

76: 2019/06/06(木) 14:00:33.918 ID:cyWA/s32d0606
駄目でしょ

78: 2019/06/06(木) 14:00:52.060 ID:R+uHMuCx00606
どうして…

79: 2019/06/06(木) 14:00:59.891 ID:x+x9iHGG00606
相手が女なら必ず勝てる好調

81: 2019/06/06(木) 14:03:18.388 ID:6qyvnJrE00606
伝説の校長「! 君……一杯どうかね?」

勇者幼女「……? おじさん、このひともうおじーちゃんだよ? おじーちゃんにむりはさせられないよ!」

ロリダークエルフ(な、なんだこのろうじんは……しせんが……)

酒場の親父「勇者様、こいつをあなどっちゃいけねぇぜ? こいつは1万人切りの場数を踏んできた伝説の男よ」

勇者幼女「わぁー! つよそー!」目キラキラ

82: 2019/06/06(木) 14:03:30.587 ID:/kiUq73F00606
校長は女の子たちに性病対策の薬をくれる優秀なヒーラーだぞ

84: 2019/06/06(木) 14:05:29.967 ID:f2WRieZH00606
まさか伝説の校長ってあれか

85: 2019/06/06(木) 14:06:06.109 ID:6qyvnJrE00606
伝説の校長「疲れているだろう? 出発は明日にして、今日は一先ず宿に泊まろう」

勇者幼女「 はいそのつもりです。えーっと……いちばんやすいやどやさんは……」ガイドブックじっー

校長「こらこら……女の子が粗末なとこに泊まってはいかんよ。お金は私が出すからいいとこに泊まろう。これでもお金には困ってなくてね」

勇者幼女「ありがとー!」

ロリダークエルフ(だいじょーぶ……なのか?)

86: 2019/06/06(木) 14:08:34.361 ID:z/xGu8FDa0606
校長は全員合意の上だから

87: 2019/06/06(木) 14:08:50.943 ID:HIwDvyIN00606
校長って資産家で金くっそ持ってるんだっけ

88: 2019/06/06(木) 14:09:20.691 ID:6qyvnJrE00606
~ ホテル ~

校長「さてお部屋は勿論別室で……」チラッ

勇者幼女「! そ、そこまでおせわにはなれません」

校長「そうかい? なら同じお部屋にしようか。そうだね……女の子だけじゃ危ないからね。そうしよう」

ガチャ

勇者幼女「ベッドふかふか~♡」ばふっ

校長「お風呂もレディーファーストだ。先にどうぞ」

勇者幼女「うん! ダークちゃんいっしょにはいろ?」

ロリダークエルフ「あ、ああ……」とてとて

90: 2019/06/06(木) 14:12:20.330 ID:f2WRieZH00606
この校長、紳士で信用できそうだな()

94: 2019/06/06(木) 14:17:12.426 ID:c3vKM9FZ00606
>>90
実際幼女には添い寝とナメナメだけで挿入しなかった紳士やぞ

91: 2019/06/06(木) 14:13:38.151 ID:6qyvnJrE00606
校長「……」

校長(さて)

校長「さっきからそこにいるのは……誰かな?」

オカマ「んふ、気がついていたのねん♡」シュタッ

校長「寝込みを襲おうとしてたのかい? 無粋だとは思わんのかね?」

オカマ「なーに言ってるのよん。感じるわ……貴方ほどの広い視野の持ち主ならワタシの趣味も理解してくれるでしょう? どう? 一緒に楽しまない?」

校長「……私からすれば、君でも全然構わないのだがね?」

オカマ「へぇ……それは嬉しいわねッ!!!」

ガキンッ!

92: 2019/06/06(木) 14:14:42.607 ID:hPlF1NWo00606
ほんとに来ててわろた

93: 2019/06/06(木) 14:16:54.865 ID:ASWV4Rawd0606
急に強キャラ対決はじまった

95: 2019/06/06(木) 14:17:14.488 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「ふーきもちよかった~」とてとて

ロリダークエルフ「はー…/// はー……/// おまえな~……///」

勇者幼女「あはは~ごめんって~」ダークちゃんこちょこちょによわすぎ~

オカマ「ぁ、あひ……♡」

勇者幼女「!?」みがまえっ

校長「ああ……このお客さんの相手ならもう済ませたよ。さて、私も汗をかいてきたところだ。入らせてもらうよ」スタスタ

バタン

99: 2019/06/06(木) 14:19:07.455 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「お、おまえはなにものだ!」ツンツン

オカマ「しゅごかったのォ~」アヘアヘ

ロリダークエルフ「こたえろ!」ゲシッ

勇者幼女「ダ、ダークちゃんっ」

オカマ「もォゆるひてぇ~」

ロリダークエルフ「ならじょうほうをだせ」

101: 2019/06/06(木) 14:22:36.905 ID:6qyvnJrE00606
オカマ「ハァ、ハァ……ワ、ワタシは四天王の一人ロリコンオカマよん……」

ロリダークエルフ「してんのう!?」

勇者幼女「してんのー? 」

ロリダークエルフ「しらないのか? してんのうはまおーさまじきじきにえらばれた四人のじょーきゅーまぞくだ」

ロリダークエルフ「このさいだ。ほかのしてんのうがだれなのかもおしえてもらおうか」ナイフチャキ

オカマ「お、教えるわ」アセッ

オカマ「残りの四天王は>>103>>105、そして>>107よん」

102: 2019/06/06(木) 14:23:36.999 ID:q2bJH8VFr0606
ブルーアイズホワイトドラゴン

103: 2019/06/06(木) 14:23:43.525 ID:KN9yzXifa0606
枯れ専オカマ

104: 2019/06/06(木) 14:23:49.114 ID:KPWPcgfUa0606
レズ幼女

105: 2019/06/06(木) 14:23:59.696 ID:hPlF1NWo00606
あくまのきし

106: 2019/06/06(木) 14:24:39.798 ID:tKl0iz9600606
レズサキュバス

107: 2019/06/06(木) 14:24:44.970 ID:x+x9iHGG00606
新任女教師

108: 2019/06/06(木) 14:24:48.204 ID:qy0W97cS00606
プリウス

113: 2019/06/06(木) 14:29:10.743 ID:6qyvnJrE00606
オカマ「残りの四天王は枯れ専オカマ、あくまのきし、そして新任女教師よん」

勇者幼女「ふぇぇ、、よくわかんないけどつよそう」

ロリダークエルフ「! わかった。じょうほうのれいだ。おまえはこうそくするのみにしてやる」グルグル

校長「ふぅ……」

ロリダークエルフ「こーちょー……はなしがある。すこしへやをでてくれ」

校長「? 構いませんが」スタスタ

114: 2019/06/06(木) 14:32:33.754 ID:/kiUq73F00606
校長は女性に手をあげられないだろうな

115: 2019/06/06(木) 14:33:41.192 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「てきのしてんのーには、枯れ専オカマというのがいるらしい」

校長「!」

ロリダークエルフ「まおーさまはつねにゆーしゃをかんししている。となればつぎにまおーさまがおくりこんでくるのはそいつだ」

ロリダークエルフ「だから、まきこむわけにはいかない。こーちょーとはいっしょにいけない。してんのーをたおしてくれたれいはいつかする」

校長「……フッ、優しいのですね。私としてはその人にも興味があるんですがね」

119: 2019/06/06(木) 14:38:47.923 ID:6qyvnJrE00606
~ 次の日 ~

勇者幼女「えー! こーちょーさんいっしょにきてくれないのー!」

校長「いやはや、やはり私も歳ですからね」ほほほ

校長「ああそうだ。ロリダークエルフさん……お礼、今でも構いませんか?」

ロリダークエルフ「! いや、そうしたいのはやまやまなんだがゆーしゃもわたしも、いまはなにも……」

校長「写真を一枚、撮らせて頂くだけでかまいませんよ。老い先短い老いぼれのせめてもの思い出作りに手を貸してはいただけませんかな?」

120: 2019/06/06(木) 14:39:05.971 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「しゃしん? それならぜんぜんいいよ? ほらダークちゃん! ぴーす!」

ロリダークエルフ「わわっ」

\カシャッ/

校長「ありがとうございました。では、また何処かで」

勇者幼女「ばいばーい!」手ふりふり

校長「ふふふ」カメラチラッ

校長「……いい笑顔ですね」

121: 2019/06/06(木) 14:41:05.451 ID:6qyvnJrE00606
…………………

俺「足枷となる前に老いぼれを外したか。やるな」

枯れ専オカマ「ちょとォ~……それってありえなくなーい??」

俺「まあ待て。となれば次は……行け、あくまのきし」

あくまのきし「はい。まおうさま」カチャ

123: 2019/06/06(木) 14:43:23.275 ID:kWW5jng8d0606
実際校長の守備範囲広いよな

124: 2019/06/06(木) 14:44:43.054 ID:6qyvnJrE00606
~ コロッセオ ~

\ワーワー/ \行けぇ! ぶっ殺せぇ!/

ドシャッ!

司会「おっとー! 本日初出場のあくまのきし! またも強者を切り捨てましたー! 強い!強すぎますこの謎の暗黒騎士!」

勇者幼女「な、なんかこわいね~」

ロリダークエルフ「……ここはさつばつとしてるな。まものたちがりようされてる」

勇者幼女「……ダークちゃん」

ロリダークエルフ「くうきがわるい。はやくいこう」

勇者幼女「うん……」

126: 2019/06/06(木) 14:47:30.644 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「えーっとぉ~……つぎのまちは~」てくてく

勇者幼女「……あれ? ダークちゃん?」

…………………

ロリダークエルフ「ン゛ー! ン゛ー!」じたばた

男「ヘッ! 大人しくしやがれ!」

男2「こんなとこに森の引きこもりが来てるなんてレアだな! ヒヒヒッ」

129: 2019/06/06(木) 14:51:20.222 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「コロッセオではぐれちゃったのかな~」とてとて

司会「ん? ここで今日の優勝商品の発表です! 本日最後まで勝ち上がったものにはなんと森の住人、ロリダークエルフの奴隷が付いてきます!」

\おーすげー!/

\ダークエルフなんてどうやって手に入れたんだ?/

ダークエルフ「ン゛ー!」檻ガンガン!

勇者幼女「!? ダークちゃん!? たいへん!>>132!」

131: 2019/06/06(木) 14:52:29.132 ID:TNnQYvO200606
校長から奪った金

132: 2019/06/06(木) 14:52:37.754 ID:z/xGu8FDa0606
わたしがでます!

133: 2019/06/06(木) 14:53:28.654 ID:KPWPcgfUa0606
ゆうしょうしたひとにゆずってもらおう!

134: 2019/06/06(木) 14:55:43.590 ID:6qyvnJrE00606
でもよ? あの暗黒騎士より強い奴なんているのか?

もうあいつ優勝でいいだろ

勇者幼女「わたしがでます!」ダッダッダッ!

司会「おっとこれは可愛い剣士さんが乱入だー!」

あくまのきし(きたか。ダークエルフのじょうほうをそとにながしたかいがあったな)

司会「さて可愛い剣士さんはあくまのきしを倒すことができるのか!」

135: 2019/06/06(木) 14:57:39.342 ID:6qyvnJrE00606
あくまのきし「わたしはまおうさまよりえらばれししてんのうがひとり、あくまのきしだ。こいゆうしゃ!」チャキ

勇者幼女「!? し、してんのう」ゴクリ

勇者幼女(つよそう……どうしよ)

勇者はどうする? >>137

136: 2019/06/06(木) 14:58:44.779 ID:KPWPcgfUa0606
絵本で見たあの技を試す

137: 2019/06/06(木) 14:58:48.813 ID:t9mcvvBcr0606
ロリドラゴンを召喚する

138: 2019/06/06(木) 14:58:59.691 ID:hPlF1NWo00606
とりあえず何もない所で転ぶ

140: 2019/06/06(木) 15:03:22.255 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女(なにかないかな~)ランドセルごそごそ

勇者幼女(あれ? なんだろうこのたかそうないし……いつのまに)

キーン

勇者幼女「え」

あくまのきし「!?」

ロリドラゴン「ぎゃお~」

司会「おっとー!? これはこれは! ドラゴンの乱入だー!」

\ドラゴン!?/

\でもなんか弱そうだなあれ/ \斬り捨てろー!/

141: 2019/06/06(木) 15:05:12.851 ID:6qyvnJrE00606
…………………

俺「あの成金じじいの根回しか。どこまでも邪魔をする男よ」

側近幼女「ドラゴンあいてにあくまのきしだけでだいじょーぶですかね?」

俺「あんずるな。>>143

142: 2019/06/06(木) 15:06:57.088 ID:hPlF1NWo00606
二回攻撃を当てれば必ず殺せる暗殺者を用意

143: 2019/06/06(木) 15:07:11.910 ID:EU86/CNU00606
ドスケベおじさん

144: 2019/06/06(木) 15:07:14.960 ID:KPWPcgfUa0606
りゅうきしにジョブチェンジ

147: 2019/06/06(木) 15:10:34.668 ID:6qyvnJrE00606
俺「こんなときのためにあくまのきしにはドスケベおじさんの召喚石を握らせてある」

………………

あくまのきし「いまこそすがたをあらわせ!」

キーン

ドスケベおじさん「ぐへへ」

司会「おっとあくまのきし選手もドスケベおじさんを召喚しました!」

ドスケベおじさん「おほwロリドラも勇者もエッロ」ムクムク

149: 2019/06/06(木) 15:14:38.251 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「やっちゃえー!」

ロリドラゴン「ぎゃうー!」炎ボァ

あくまのきし「ッ…!」サッ

あくまのきし(このままじゃせっきんはふかのう……なら)

あくまのきし「ドスケベおじさん! ロリドラゴンのめをつぶせ!」

ドスケベおじさん「うひょーww」ドビュッ!

ピチャッ

ロリドラゴン「ぎゃあぁぅ゛~~!」><

おくまのきし「もらった!」ダダダッ!

勇者幼女(あぶない! >>151!)

150: 2019/06/06(木) 15:15:48.768 ID:hPlF1NWo00606
意気込みつつ転ぶ

151: 2019/06/06(木) 15:16:36.875 ID:KPWPcgfUa0606
さっき掘った落とし穴があんこくきしの足元に

152: 2019/06/06(木) 15:21:02.436 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女(あぶない! さっきほったおとしあながあんこくきしのあしもとに!)ダッ!

ドンッ!

あくまのきし「うわ」グラッ

勇者幼女「あぅ」ズボッ

あくまのきし「! いつのまにそんなとこにおとしあなが」

勇者幼女「ドラゴンちゃんがたたかってるあいだになにかしないとってほったんだけど……やっぱりあぶないよね。けがしちゃうよ」あはは

あくまのきし(こいつ……てきをかばったのか?)

154: 2019/06/06(木) 15:23:52.341 ID:6qyvnJrE00606
あくまのきし「ばかなやつめ。これでしょうぶありだな。せめてものじょうだ。とうりょーするならいのちまではうばわん」チャキ

勇者幼女(で、でもあきらめたらダークちゃんが……どうしよう>>156)

155: 2019/06/06(木) 15:25:10.612 ID:wr5SefXE00606
ともだちをたすけたい

156: 2019/06/06(木) 15:25:18.452 ID:RngZ1aYQ00606
……あれは、ひろゆき!

157: 2019/06/06(木) 15:29:51.921 ID:6qyvnJrE00606
ひろゆき「ん、ちょっとまってください」

勇者幼女(……あれは、ひろゆき!)

あくまのきし「? なんだおまえは」

司会「おっとおっと~? また乱入者か~?」

ひろゆき「貴方は彼女に庇われなければほぼ100%その落とし穴に落ちていたわけですよね?? つまり状況は真逆だったわけじゃないですか」

ひろゆき「誇り高い騎士を名乗るならその時点で負けを認めるべきだと思うんですよね。だって本当は貴方は敗北した上に怪我をしていたかもしれないんですから」

あくまのきし(そ、そうかもしれない)

158: 2019/06/06(木) 15:31:20.842 ID:6qyvnJrE00606
あくまのきし「わたしの、まけだ」ガクッ

司会「おっと~! 謎の男によって可愛い剣士さんの大逆転勝利だー!」

勇者幼女「や、やったー?」

\わーわー!/

159: 2019/06/06(木) 15:32:23.627 ID:DGC5SSKNa0606
なんてこったい

161: 2019/06/06(木) 15:34:00.227 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「あ、ありがとぅ。たすかった」

勇者幼女「なかまをたすけるなんてあたりまえだよ~」えへ~

勇者幼女「……」ぎゅぅ

ロリダークエルフ「お、おい? さすがにつかれたのか」

勇者幼女「よかったよぉ~……」ぐすっ

ロリダークエルフ「!」

勇者幼女「もうどこにもいっちゃだめだよ……?」

ロリダークエルフ「……うん」ぎゅっ

162: 2019/06/06(木) 15:36:09.296 ID:6qyvnJrE00606
………………………

俺「自ら勝利を棒に振るとは……馬鹿なやつめ。お前には罰として>>164の刑に処す」

あくまのきし「……わかり、、ました」

163: 2019/06/06(木) 15:36:16.409 ID:G1wpCXQva0606
これは正義のひろゆき

164: 2019/06/06(木) 15:36:28.358 ID:xQ4U+XY500606
伝説のちょいスケ白スク

165: 2019/06/06(木) 15:38:36.799 ID:6qyvnJrE00606
俺「お前はもう騎士などという器ではない。その鎧を脱ぎ捨て、伝説のちょいスケ白スクを装備せよ」

あくまのきし「わかり、ました」

あくまのきしは伝説のちょいスケ白スクを装備した

俺「ふむ、悪くない眺めだ」

167: 2019/06/06(木) 15:40:24.909 ID:RngZ1aYQ00606
クソワロタ

170: 2019/06/06(木) 15:42:50.081 ID:6qyvnJrE00606
枯れ専オカマ「ふふん。いいザマね」

あくまのきし「くっ……! げすなめでみるな!///」

枯れ専オカマ「あーら、アタシはあなたなんかに興味はなくってよ?」ツカ、ツカ

あくまのきし「……どこへいく」

枯れ専オカマ「魔王様から命令が出たの。ドラゴンの召喚石を見て確信したそうよ。今後もあの校長は姿を見せずとも邪魔な存在になってくるってね。だから片付けにいくのよ」シュバッ!

あくまのきし(さすがまおうさま。ぬけめのないおかただ)

ドスケベおじさん「イヒヒ」じっー

あくまのきし「くそっ/// みるなぁ!///」><

171: 2019/06/06(木) 15:43:41.228 ID:hPlF1NWo00606
おっさんまだいたのか

172: 2019/06/06(木) 15:45:09.171 ID:6qyvnJrE00606
俺「ふむ。四天王で手が空いているのは新しく選別した新任女教師だけだな」

新任女教師「魔王様、なんなりとご命令を」

俺「命令だ。勇者一行の元へ行き>>174せよ」

173: 2019/06/06(木) 15:46:09.134 ID:RngZ1aYQ00606
ソードマスター

174: 2019/06/06(木) 15:46:10.741 ID:nSZ/HSFo00606
教育

175: 2019/06/06(木) 15:46:10.826 ID:G1wpCXQva0606
たっぷりと教育

177: 2019/06/06(木) 15:47:02.072 ID:Sk4AsRfrd0606
くそっ、普通に面白い

178: 2019/06/06(木) 15:48:54.416 ID:6qyvnJrE00606
俺「教育せよ」

女教師「はい。魔王様」シュバ

側近幼女「……」ガクブル

俺「……トラウマが蘇ったか?」

側近幼女「ぃ、いえ……だいじょーぶ、です」

側近幼女(あの女教師のきょーいくはおそろしいものだったは……とつぜんまおうさまに四人めにえらばれたにもかかわらずわたしがはんたいできなかったほどに)

179: 2019/06/06(木) 15:53:43.826 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「おきろゆーしゃ」ゆさゆさ

勇者幼女「あ……れ……?」目こすこす

勇者幼女「どこここ……やどやさんにいたんじゃ……」

ロリダークエルフ「どうやらここはてきのまどうくうかんらしい」

女教師「はーい授業の時間でーす! 二人とも席ついてー!」

ロリダークエルフ「そのかっこう……さいきんしてんのうになったっていう新任教師か」

女教師「そうです! えーっと私は~……新任女教師の高橋 咲子って言います! よろしくお願いしますっ」黒板かきかき

180: 2019/06/06(木) 15:56:23.245 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「ばかばかしい」扉ガタガタン

ロリダークエルフ(やはりでれないか)

勇者幼女「へぇ~……せんせいなんだ」

ロリダークエルフ(とじこめられてるのにあいかわらずのんきだなゆーしゃは)席スタッ

女教師「はいというわけで早速ですがテストを行いますね~……10問中>>182問正解で解放してあげます」

181: 2019/06/06(木) 15:57:02.566 ID:xQ4U+XY500606
8

182: 2019/06/06(木) 15:57:05.810 ID:3b6250h3M0606
2

183: 2019/06/06(木) 15:57:06.195 ID:RngZ1aYQ00606
8

184: 2019/06/06(木) 15:57:39.504 ID:G1wpCXQva0606
どんだけキツいの出す気だよ

185: 2019/06/06(木) 15:58:15.181 ID:KPWPcgfUa0606
新任だから甘いのか

187: 2019/06/06(木) 16:01:44.603 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「にもんせいかいでいいとはずいぶんしたにみられたものだな」

女教師「森の引きこもり生徒さんにも合った教育方針を考えたらその方がいいかな~って」

ロリダークエルフ「ッ」イラ

勇者幼女「がんばりまーす」

女教師「では第1問! 魔王城四天王は私とあと三人は誰だったでしょー!」

勇者幼女「えっとぉ~……>>188>>189>>190!」

188: 2019/06/06(木) 16:02:31.417 ID:N0Nmvp5mr0606
ロリコンオカマ

189: 2019/06/06(木) 16:02:36.319 ID:G1wpCXQva0606
かれせんおかま

190: 2019/06/06(木) 16:02:36.824 ID:VGKikCgg00606
オカマ

191: 2019/06/06(木) 16:03:01.352 ID:KN9yzXifa0606
オカマしか覚えてねえ!

194: 2019/06/06(木) 16:04:58.674 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「ロリコンオカマと枯れ専オカマと~……あとは……あれ? なにオカマだっけ……オカマ??」

女教師「はい不正解です。正解はあくまのきしでした!」

勇者幼女「あーそうだった」><

…………………

俺「ククク、甘くみていると痛い目にをみるぞ勇者」

あくまのきし「……」

側近幼女「……」肩ぽんっ

195: 2019/06/06(木) 16:05:23.913 ID:xQ4U+XY500606
かわいそう

198: 2019/06/06(木) 16:06:35.687 ID:6qyvnJrE00606
女教師「では次の問題です。ランドセルの中に入ってたお祝いの言葉は?」

ロリダークエルフ「なにそれ」

勇者幼女「それなら覚えてるよ!『>>200』でしょ!」

200: 2019/06/06(木) 16:07:23.442 ID:RngZ1aYQ00606
はろーまいふれんど

207: 2019/06/06(木) 16:09:31.371 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「『はろーまいふれんど』でしょ!」

女教師「不正解です!『勇者就任おめでとう! がんばれ!』でした!」

勇者幼女「あれ~? そんなのだったっけ」

ロリダークエルフ(ま、まずいかも)

…………………………

俺「ふむ、これは正解してほしかったな」

側近幼女(けっこうほんきでおいわいしてたんですね……)

208: 2019/06/06(木) 16:11:32.547 ID:6qyvnJrE00606
女教師「では第3問! あくまのきしが召喚石から出した召喚獣は?」

ロリダークエルフ「うぅ、あのときはおりのなかだったからあまりおぼえてないわ」

勇者幼女「まかせて!>>210でしょ!」

209: 2019/06/06(木) 16:11:58.979 ID:3b6250h3M0606
ペドラゴン

210: 2019/06/06(木) 16:12:03.536 ID:RngZ1aYQ00606
ドスケベおじさん

211: 2019/06/06(木) 16:14:16.447 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「ドスケベおじさんでしょ! わすれられるわけないよ~」

女教師「正解!」

ロリダークエルフ(ゆーしゃ……そんなにわたしのためにひっしになって……)うるっ

勇者幼女「だってきもかったもん」うー ><

ロリダークエルフ「……」

……………………………

ドスケベおじさん「……」

あくまのきし「みためにもきをつかったらどうだ」

212: 2019/06/06(木) 16:16:14.493 ID:6qyvnJrE00606
女教師「次は第4問! 森の邪神の名前は? これはロリダークエルフちゃんには簡単すぎるので解答権がありません!」

ロリダークエルフ「そ、そんなのひきょうじゃない!」

勇者幼女「えっとね~……>>214

213: 2019/06/06(木) 16:16:36.529 ID:xQ4U+XY500606
ウリ坊

214: 2019/06/06(木) 16:16:46.993 ID:0qCEr6uNa0606
>>213

217: 2019/06/06(木) 16:18:36.805 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「ウリ坊!」

女教師「はいせいか……ぃ゛」ドグンッ!

ロリダークエルフ「!! つくえにふせて!」

勇者幼女「へ?」ガタッ

\ドカーン!!!!!/

218: 2019/06/06(木) 16:20:25.931 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「はぁ、はぁ……まさかじばくするなんて……せいかいしてもわたしたちのいのちをうばうつもりだったのね。かんたんすぎるとおもったわ」

ロリダークエルフ「ゆーしゃ、だいじょーぶ?」

勇者幼女「う、うぅ……だいじょーぶ……ちょっと>>220しただけ」

219: 2019/06/06(木) 16:20:53.561 ID:E6dJY1Ww00606
おねしょ

220: 2019/06/06(木) 16:20:55.617 ID:3b6250h3M0606
あばらを二、三本やっちまった

221: 2019/06/06(木) 16:21:17.558 ID:xQ4U+XY500606
結構痛い

222: 2019/06/06(木) 16:21:21.779 ID:N0Nmvp5mr0606
大怪我じゃねえか

223: 2019/06/06(木) 16:24:40.319 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「ちょっと……あばらを二、三本やっちまっただけだから……あはは、これちょっといってみたかったんだよね」

ロリダークエルフ「!? おおけがだばか! お、おい」

勇者幼女「んぅ……だいじょー、ぶ、、だよ。たぶん……ね?」ガクッ

ロリダークエルフ「ゆーしゃ! ゆーしゃ! ……まだいきはある! なんとかしないと」ドタドタ!

224: 2019/06/06(木) 16:27:44.711 ID:6qyvnJrE00606
宿屋のおばさん「どうしたんだい?」

ロリダークエルフ「なかまがたいへんなんだ! おおけがして……」

宿屋のおばさん「まぁ大変! はやく応急処置しなきゃ! 」

ロリダークエルフ「で、でも……それくらいじゃいのちはたすかっても……もうにどとたたかえない。わたしはゆーしゃにむりはしてほしくないけど、それじゃせかいはすくわれない」

宿屋のおばさん「!」

ロリダークエルフ「おねがいだ! りょうしつなやくそうをてにいれるほうほうをおしえてくれ!」

宿屋のおばさん「そ、そうね……>>226

226: 2019/06/06(木) 16:28:07.234 ID:RngZ1aYQ00606
財前五郎

227: 2019/06/06(木) 16:30:30.555 ID:G1wpCXQva0606
一体どんな世界観なんだ

228: 2019/06/06(木) 16:31:12.542 ID:6qyvnJrE00606
宿屋のおばさん「薬草はないけど、そこの病院に財前五郎っていう凄い腕のいいお医者さんがいるの」

ロリダークエルフ「! おんにきる!」

~ 病院 ~

ガラガラガラ!

緊急手術を開始する!

ピッ、ピッ、、

231: 2019/06/06(木) 16:32:56.289 ID:6qyvnJrE00606
財前五郎「手術は成功した」

ロリダークエルフ「あ、ありがとうございます!」

ロリダークエルフ(でも、わたしにはかねが……)

宿屋のおばさん「ロリダークエルフちゃん! 見て! 宿屋に手紙が!」

232: 2019/06/06(木) 16:36:53.436 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「へ……かねが……いっぱい。いったいだれが……」

愛らしき勇者一行へ

この手紙が君たちの元に届いているころには、私はもうこの世界にいないだろう。

そのことをなんとなく、ロリダークエルフちゃんから話を聞いた時に察したんだ。

これは時が来てしまうまでにせめてもの支援として送った。旅の役に立てるなり、美味しいお菓子を買うなりして使って欲しい。

あと写真を現像したんだ。 私の思い出の、おすそ分けだ。

最後に君たちに出会えてよかった。

校長より

ロリダークエルフ「……!!」

233: 2019/06/06(木) 16:37:54.223 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「この、しゃしん……あのときの……」

ロリダークエルフ「っ……」ぐすっ

ロリダークエルフ「ばか……」

235: 2019/06/06(木) 16:38:19.801 ID:G1wpCXQva0606
校長とかいう聖人

236: 2019/06/06(木) 16:40:37.902 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「う、うーん」目こすこす

ロリダークエルフ「!」ギュッ!!

勇者幼女「わっ、、ぃ、いたいよダークちゃん」

ロリダークエルフ「ご、ごめん」

勇者幼女(! おめめあかくなってる)

勇者幼女「わたしこそごめんね。わたしがもうちょっとかしこかったらこんなことにはならなかったのに」なでなで

ロリダークエルフ「ううん。いのちがたすかっただけでもこううんだ。ほんとうによかった……」

237: 2019/06/06(木) 16:42:02.442 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「でもこれおかねいっぱいかかっちゃうよね……どうしよう」

ロリダークエルフ「かねならしんぱいない」

勇者幼女「へ?」

ロリダークエルフ「ただ、きいてほしい」

……………………
…………

238: 2019/06/06(木) 16:42:37.388 ID:0qCEr6uNa0606
イイハナシダナー

239: 2019/06/06(木) 16:44:42.968 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「っ~~!! ゆるせなぃ」ギリッ

ロリダークエルフ「ああ、ぜったいにたおそう。枯れ専オカマも、まおーさまも」

240: 2019/06/06(木) 16:45:50.120 ID:6qyvnJrE00606
………………………………

俺「よくやってくれた。枯れ専オカマ」

枯れ専オカマ「うふっ。ありがたき幸せよん」

俺「貴様には褒美として>>242をくれてやる」

241: 2019/06/06(木) 16:46:16.931 ID:3b6250h3M0606
変わり果てた姿の校長

242: 2019/06/06(木) 16:46:26.088 ID:t9mcvvBcr0606
ド変態セクシーナース

244: 2019/06/06(木) 16:46:28.150 ID:G1wpCXQva0606
校長の躯

246: 2019/06/06(木) 16:48:57.046 ID:6qyvnJrE00606
俺「ど変態セクシーナースをくれてやろう。この装備は必ずや貴様を強化させるはずだ」

枯れ専オカマはど変態セクシーナースを装備した!

枯れ専オカマ「うふん似合ってるゥ??」

俺「ククク、おもしろい」

側近幼女「ゔぉえッ(にあっていますよ)」

248: 2019/06/06(木) 16:50:59.366 ID:6qyvnJrE00606
~ 魔王城 入り口 ~

勇者幼女「ついにここまできたね」

ロリダークエルフ「うん。やつらをたたきのめす」

枯れ専オカマ「うふんっ。それはどうかしら」

勇者幼女「枯れ専オカマッ……!」ギリッ

ロリダークエルフ(は、はじめてみた……なんてまがまがしいかっこうなの……)

枯れ専オカマ「さあ、かかってらっしゃい」

249: 2019/06/06(木) 16:54:45.034 ID:6qyvnJrE00606
枯れ専オカマ「くらいなさいッッ!!!!」ドゴォ!

勇者幼女「ァ゛あ…!」

ロリダークエルフ(やっぱりまだゆーしゃはばんぜんじゃない!)

ロリダークエルフ「ゆーしゃからはなれなさい!」弓パシュパシュッ!

枯れ専オカマ「オラァ!」矢バギィ!

ロリダークエルフ(な、なんてパワーなの)

勇者幼女「うぅ、、ド、ドラゴンちゃ……」

ロリダークエルフ「だめ! ここでそんなにまりょくをつかったらまおうじょうないでもたない」

勇者幼女「でも、どうしたら……」

ロリダークエルフ「>>251

251: 2019/06/06(木) 16:55:43.424 ID:G1wpCXQva0606
きんじゅをつかう!くらえ!

255: 2019/06/06(木) 16:59:42.101 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「……これしかない。ロリダークエルフ族だいだいつたわるきんじゅをつかう! くらえ!」

ガチィィ!!!

勇者幼女「き、きんじゅ……!?」

枯れ専オカマ「な、なんですってェ! アナタ、禁呪なんて使ったらただじゃすまないでしょうに……」

ロリダークエルフ「ゼェ、、はぁ、なんてことないわ……>>257ののろいをしょうがいさずかるなんて……」

256: 2019/06/06(木) 17:00:46.638 ID:C1RjLBWI00606
失禁地獄

257: 2019/06/06(木) 17:00:50.422 ID:EU86/CNU00606
イチャイチャセ○クス依存

258: 2019/06/06(木) 17:00:50.901 ID:xQ4U+XY500606
身体が成長しない

260: 2019/06/06(木) 17:01:12.546 ID:JkpViUI5a0606
あっ…………

262: 2019/06/06(木) 17:04:04.115 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「イチャイチャセ○クスいぞんののろいをさずかるなんて……ここでおまえをたおせるなら!」

勇者幼女(イチャイチャセ○クスって……わからないけど、たいへんなことなんだよね……)

枯れ専オカマ「ク、クソッ! 動かない! どうして身体がうごけないノォ……!?」

ロリダークエルフ「やって! ゆーしゃ!」

勇者幼女「てぇぇぇい!」ズバッ!

枯れ専オカマ「ア゛ァ゛ァ゛!!!!」ガクン

268: 2019/06/06(木) 17:07:09.040 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「はぁ、はぁ……やった」

勇者幼女「ダークちゃん! のろいはだいじょーぶなの!?」とてとて

ロリダークエルフ「ゥ゛……!」ドクッ…!

ロリダークエルフ「……」どんっ

ドサッ

勇者幼女「ダ、ダークちゃん……?」

ロリダークエルフ「ゆーしゃ……/// しゅきぃ…♡」

ちゅぅぅぅ♡

勇者幼女「んむぅぅ!?///」

269: 2019/06/06(木) 17:07:56.544 ID:f2WRieZH00606
百合

271: 2019/06/06(木) 17:08:47.577 ID:OxLHW/Mi00606
パンツ脱いだほうがいい?

272: 2019/06/06(木) 17:09:22.343 ID:JkpViUI5a0606
脱いでその粗末なものを切り落としなさい

274: 2019/06/06(木) 17:10:47.483 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女(な、なんでダークちゃんが……きゅうにちゅーしてきて……///)

勇者幼女「ぁふ……ぷぁ/// だ、だぁくちゃん……ちゅーはすきなひととしかしちゃだめなんだよ……?」

ロリダークエルフ「じゃあだいじょーぶ……だってゆーしゃのことだいしゅきなんだもん……♡」

ロリダークエルフ「ゆーしゃはわたしのこと……きらいか……?」

勇者幼女「そ、そんなことない、けど……///」

ロリダークエルフ「じゃあ、いいよね」ちゅっ

勇者幼女「んむっ///」

ちゅ、ちゅっ……♡

276: 2019/06/06(木) 17:12:03.736 ID:RngZ1aYQ00606
魔王城の前で何やってんだ

279: 2019/06/06(木) 17:13:24.249 ID:6qyvnJrE00606
水晶<しゅき♡ しゅき♡

俺「……」

側近幼女「ぇ、と……まおうさま??」

俺「きにいらんな」ガタンッ

俺「……この俺が直々にあの裏切り者の下等魔族を潰すッッッ!!!!」ギリィィ!

286: 2019/06/06(木) 17:18:52.258 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「はぁ、はぁ……///」

ロリダークエルフ(まおーさまをたおしにいかないといけないのに……しあわせすぎてやめられない///)

魔王城<ドガァァァン

勇者幼女「……?」はー、はー///

パラ、パラ

俺「ゆ゛る゛さん゛……! 俺の、俺の可愛い勇者が……! 俺の手によってその生涯を終えるわけでもなしに、この俺の嫁になることもなく……裏切り者の下等魔族の手に堕ちるなぞ……!」ゴゴゴゴ

ロリダークエルフ「!」ハッ

ロリダークエルフ(な、なにやってるんだわたし!///)

ロリダークエルフ「ゆーしゃ! かまえて!」

勇者幼女「ぅ、うん」

288: 2019/06/06(木) 17:19:58.188 ID:f2WRieZH00606
流れ変わったな

289: 2019/06/06(木) 17:20:11.808 ID:6qyvnJrE00606
俺「ククク……まずはその忌まわしき下等魔族を>>290し、勇者を>>292してやる!」

290: 2019/06/06(木) 17:20:27.450 ID:P3IzToZC00606
st

291: 2019/06/06(木) 17:20:30.391 ID:NpIWoEEmM0606
招待

292: 2019/06/06(木) 17:20:34.543 ID:x+x9iHGG00606
洗脳

293: 2019/06/06(木) 17:20:37.837 ID:f2WRieZH00606
養子

295: 2019/06/06(木) 17:25:07.219 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ(招待?)

勇者幼女「せんのーなんてうけないもん!」

俺「俺はこれでも冷静だ。今ならまだ波風を立てずに事を終わらせてやろう。もう一度俺の配下となれ下等魔族! お前のそのふざけた呪いもこの俺が直々に相手をしてやることで解消してやる」

俺「下衆な裏切り者を性奴隷として迎い入れてやるどころか、この魔王たる俺が抱いてやると言っているのだぞ? 降伏しない手はないだろう?」

ロリダークエルフ「>>297

296: 2019/06/06(木) 17:25:55.498 ID:JafyjFPQa0606
友達からで

297: 2019/06/06(木) 17:25:57.663 ID:JkpViUI5a0606
ことわ……ぐふっ
……これは、ち?

298: 2019/06/06(木) 17:26:01.275 ID:JafyjFPQa0606
よろしく

301: 2019/06/06(木) 17:29:34.435 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「ことわ……ぐふっ……これは、ち?」

勇者幼女「へ……?」

俺「……馬鹿な奴め」シュゥゥ…

勇者幼女「ッ!?!?!?」

ロリダークエルフ「ぁ゛……」ドシャ

俺「ふん。下等魔族如きがこの俺に逆らうからそうなるのだ」

303: 2019/06/06(木) 17:35:20.787 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「ダークちゃん!」ダッダッダッ!

ロリダークエルフ「ぇ……へ……わる、かっ……た、、な……」

勇者幼女「な、なに…? きこえ、ないよ……ううん。もうきこえなくていい! しなないで!」

ロリダークエルフ「おまえ、のきもちも……きかないで……のろいのちからに、ながされて、、せっぷん、してしまっ、た」

勇者幼女「きにしてないから!もうしゃべらないで!」

304: 2019/06/06(木) 17:35:36.348 ID:6qyvnJrE00606
ロリダークエルフ「で、も、な? ほんしん……なんだ。のろいなんかなくたっ、て……わたしは、おまえが、すきだ。だいすきだ」ほほさす

勇者幼女「わ、だしも゛……だいずぎっ、、だからぁぁ……おねがぃ゛、、しな、ないでぇぇ……」

ロリダークエルフ「ふ、、そのきもちがきけただけで……うれ、し、、」

ガクッ

勇者幼女「っ~~~!!!!」

ロリダークエルフ「」

勇者幼女「あ゛ぁ゛ぁ゛!!!!」

305: 2019/06/06(木) 17:38:04.273 ID:6qyvnJrE00606
俺「さて、あとは我が愛しき花嫁を迎い入れるだけだな」

勇者幼女「ッ!」キッ!

勇者幼女「……ぜったいにゆるさない」

\キーン/

ロリドラゴン「がぅぁ~~!」ばさばさ

俺「来い、勇者よ。激情、絶望し、そして俺の妻となれ」

306: 2019/06/06(木) 17:39:17.944 ID:JkpViUI5a0606
この短時間で一気に魔王感出た

308: 2019/06/06(木) 17:40:15.473 ID:6qyvnJrE00606
水晶<あ゛ぁ゛ぁ゛!!!!

側近幼女「は、はじまってしまいました……」おろおろ

あくまのきし「っ……あのやさしかったあいつが、、さついにみちあふれている……」

ドスケベおじさん「さすがにねーわ」

310: 2019/06/06(木) 17:41:17.357 ID:6qyvnJrE00606
俺(まずは洗脳の一歩だな。手始めに>>312してやろう)

311: 2019/06/06(木) 17:41:36.657 ID:ChEGbuHbM0606
ロリビッチ

312: 2019/06/06(木) 17:41:49.498 ID:JkpViUI5a0606
左腕吹き飛ばし

313: 2019/06/06(木) 17:42:01.192 ID:iRJ/7+rXd0606
メイク

315: 2019/06/06(木) 17:42:38.758 ID:f2WRieZH00606
ひえ

317: 2019/06/06(木) 17:45:33.170 ID:6qyvnJrE00606
俺(左腕を吹き飛ばしてやろう)カッ!

ドグシャッ!

勇者幼女「ぎやぁぁ゛あ゛!!!」ブシュゥ

俺「本当はその忌まわしき剣を握る右手から落としてやってもよかったのだがな……自らの意思でその刃をおろせる権限をくれてやった。有り難く思え」

勇者幼女「っ、、ハッ、ァ、ハッ……」ポタポタ

勇者幼女「>>320

319: 2019/06/06(木) 17:46:44.313 ID:f2WRieZH00606
回復魔法

320: 2019/06/06(木) 17:46:50.866 ID:BpcNmizMd0606
くっ殺

321: 2019/06/06(木) 17:47:53.402 ID:E6dJY1Ww00606
魔法で左腕生やす

325: 2019/06/06(木) 17:52:19.609 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女(かてない……このまおーには……)

勇者幼女「もぅ……ころ、してよ……ころしてよぉ……どうせまおーたおしても……ダークちゃんは、、もぅ……」

俺(ふむ、降伏のしかたが気に食わんな。>>327)

326: 2019/06/06(木) 17:53:09.512 ID:JafyjFPQa0606
ダークエルフ共々治療してやろう

327: 2019/06/06(木) 17:53:11.776 ID:JkpViUI5a0606
まだ何か企んでいるな……?

331: 2019/06/06(木) 17:59:03.939 ID:6qyvnJrE00606
俺(いや、あの目、まだ何かを……)

ロリドラゴン「がぁぁぉ!!」ボァ!!

俺「っ、そこか!」ジャォ!

ロリドラゴン「んぎゃーしゅ」>< シュゥゥン

俺「ちっ、、さすがは竜種といったところか……一時的とはいえこの俺の右腕の魔導回路を焼き焦がすとは」

勇者幼女「そこだぁ!」

俺(>>333)

332: 2019/06/06(木) 17:59:52.162 ID:JafyjFPQa0606
しまった!!!

333: 2019/06/06(木) 17:59:56.909 ID:RngZ1aYQ00606
チッ、本気を出さねばならんか

334: 2019/06/06(木) 18:00:04.078 ID:t9mcvvBcr0606
散れ

336: 2019/06/06(木) 18:05:07.831 ID:6qyvnJrE00606
俺(ちっ、本気をださねばならんか。緊急魔導盾)カッ!

ガキィン!!!!

勇者幼女「ぐっゥ……!」

俺「左腕の止血もままらん状態で力めば長くは持たんぞ? 体力も、貴様自身の生命もな」

勇者幼女「だから、いってる……! ダークちゃんのいないせかいなら……さしちがえたって…!」

バキッ、パキ

俺(ほう? スペアの左腕魔導回路からとはいえ俺の盾を破ろうとするか。これだからあの忌まわしき剣はあなどれん。いったん距離をおくか)シュバッ

俺「>>338

337: 2019/06/06(木) 18:06:06.636 ID:buJerQowM0606
ではエルフちゃん蘇生して俺の仲間にするか

338: 2019/06/06(木) 18:06:09.958 ID:t9mcvvBcr0606
射精ビーム

340: 2019/06/06(木) 18:07:15.057 ID:gxjf3dy7a0606
はあ、、

345: 2019/06/06(木) 18:12:40.352 ID:6qyvnJrE00606
俺「……やはり、手を抜いては勝てん、か。構えろ勇者、今から俺はお前が勇者として冒険に出た日から日々ため続けた魔力を全て放出する」

勇者幼女「っ!」

俺「これが俺の魔力……そして、俺がお前を想い続けた愛だ。有り難く享受せよ」シコシコシコ

俺(左腕だとやはりあまり捗らんが、それでも十分なはずだ)

ギュィィィィン

俺「時獄篇第八魔界禁術……」シコシコシコシコ

勇者幼女(く、くる……!)




俺「射 精 ビ ー ム」

346: 2019/06/06(木) 18:13:55.108 ID:6qyvnJrE00606
\ドビュゥゥゥン!!!!/

側近幼女「!!!」

あくまのきし「あれは!」

ドスケベおじさん「二人とも危ねェ!」ガバッ!!

ドゴゴゴゴゴ……

348: 2019/06/06(木) 18:16:15.525 ID:1i5CjrHY00606
ひどい名前だ

350: 2019/06/06(木) 18:16:57.107 ID:6qyvnJrE00606
俺「ッア……カハッ、、ハッ、ハッ……」

俺(柄にもなく息を荒げたのはいつぶりだろうか……ククク、だがそれほどにまでに俺は奴に恋い焦がれ、悶々としていたということか。悪くない)

俺「さて、俺の愛を受けた愛しき勇者よ……どうなったのか、その姿をみせてくれ!」


>>355

354: 2019/06/06(木) 18:18:41.651 ID:ieOH4Ldx00606
残像だ

355: 2019/06/06(木) 18:18:43.418 ID:RngZ1aYQ00606
そうだ。
ダークちゃん、こーちょーさん、ドラゴンちゃん、ひろゆき、ざいぜんさん……
いろんなひとがたすけてくれたから、わたしはいまここにたってる。
だから、だから……
わたしは、ぜったいに、まけはしない…………!!!

356: 2019/06/06(木) 18:18:44.106 ID:EU86/CNU00606
セクシーバニーガール幼女

360: 2019/06/06(木) 18:22:15.630 ID:6qyvnJrE00606
パラ、パラ

勇者幼女「そうだ。ダークちゃん、こーちょーさん、ドラゴンちゃん、ひろゆき、ざいぜんさん……
いろんなひとがたすけてくれたから、わたしはいまここにたってる。だから、だから……
わたしは、ぜったいに、まけはしない…………!!!」

俺「なっ……!」

勇者幼女「あぁぁぁぁ!!!!」ダッ

ジャキンッ!!!

俺「が、、ハッ、?」

俺「ク、ククク……さ、すがは……」なで

勇者幼女「……」

俺「俺が、、愛した、、ゆう、しゃ」

ドシャッ

361: 2019/06/06(木) 18:23:10.005 ID:gxjf3dy7a0606
アツいな

363: 2019/06/06(木) 18:24:59.005 ID:6qyvnJrE00606
こうしてせかいにへいわがおとずれた。

まおーをとうばつしおうこくへときかんしたわたしはまずまぞくとにんげんのびょうどうをかかげた。

これだけはじつげんしたかった。それはたぶん、あのこがわたしにであうよりもまえからこのせかいにねがっていたことだから……

366: 2019/06/06(木) 18:26:42.165 ID:gxjf3dy7a0606
よく見たらひろゆきだけ呼び捨てなの笑った

367: 2019/06/06(木) 18:27:48.944 ID:vr6onoSaa0606
ひろゆきは概念だから

368: 2019/06/06(木) 18:30:33.320 ID:6qyvnJrE00606
勇者幼女「あの、ね……ダークちゃん」

勇者幼女「なんだかさいきんからだがへんだなっておいしゃさんにみてもらったらね……?」

勇者幼女「あ、あかちゃんっ…/// おなかに、いたの……/// わたしまだどうやったらあかちゃんがうまれるのかとか、、あんまりよくしらないん、だけど……」

勇者幼女「おいしゃさんにしらべてもらったらね? ぇ、とたぶん、ダークちゃんとまおーじょーまえでえっちしたひ、、だとおもうの」

勇者幼女「このこ……ダークちゃんとのあかちゃんだったら……いいな」おなかさすさす♡

370: 2019/06/06(木) 18:31:41.389 ID:RngZ1aYQ00606
バッドエンドじゃねーか!!

371: 2019/06/06(木) 18:32:16.165 ID:ieOH4Ldx00606
射精ビーム恐ろしや

372: 2019/06/06(木) 18:33:14.925 ID:JafyjFPQa0606
新たな魔王が…

373: 2019/06/06(木) 18:33:25.870 ID:6qyvnJrE00606
側近幼女「ふ、ふふふ……ふふふ……」おなかさすさす♡

あくまのきし「……」

側近幼女「やはり、やはりあの第八魔界禁術がはなたれたばしょには……まおうさまの……!」

側近幼女「みててくださいね。まおうさま……このさきなんねんかかっても、なんびゃくねんかかっても……」

側近幼女「ふたたび、まおーさまのやぼうを、このわたしが……」

374: 2019/06/06(木) 18:33:40.109 ID:6qyvnJrE00606
おしり

378: 2019/06/06(木) 18:36:56.483 ID:R+uHMuCx00606

380: 2019/06/06(木) 18:37:23.744 ID:RngZ1aYQ00606

ただの下ネタで終わらせなかったのに才能を感じる

381: 2019/06/06(木) 18:45:57.182 ID:xQ4U+XY500606

382: 2019/06/06(木) 18:57:37.504 ID:dLN3SwXBd0606
いいバットエンド乙

387: 2019/06/06(木) 19:49:59.899 ID:ajxzwQiqa0606
こいつのスレすき

390: 2019/06/06(木) 20:17:59.507 ID:yCd1izse00606

関連記事

<< 俳優の彼氏にガンガン突かれまくった(´;ω;`) | HOME | 清楚美少女「おい!!!ち○ちんなめさせろ!!!!おい!!!!!」 >>





[ 2019年07月16日 06:08 ] カテゴリ:2ch VIP SS 勇者魔王系 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
更新を Twitter でお知らせしています

2ch_aavipmatome < > Reload

ブログ内検索
他サイトの気になる記事一覧
月間アクセス数
PR