[旧名:2ch(主にAAとかVIPとかの)まとめ(・∀・)モエッ] ブログ名変更しました。よろしければブックマークやリンク等の変更お願いいたします。 |・∀・)ノヨロシク
乙3速報 2ch VIP まとめ (・∀・)ノシ TOP  >  2ch VIP SS 勇者魔王系
PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幼女「くっ……!殺せ!」

引用元: 幼女「くっ……!殺せ!」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 10:45:53 ID:AbsWfkwv0
女騎士「……」

女騎士「そんなん何処で覚えた」

幼女「友達が言ってたの。一人前の騎士はこの台詞を言うって」

女騎士「お前の友達何歳だよ……」

幼女「女騎士さんも言うんだよね?」

女騎士「言わんよ」

幼女「えっ」

女騎士「言わんよ」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 10:46:15 ID:GQsESqy50
(o゚□゚)oこわい

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22 10:47:04 ID:aa34mzE50
続けて(*・ω<)b*

スポンサーサイト
[ 2014年01月25日 00:15 ] カテゴリ:2ch VIP SS 勇者魔王系 | TB(0) | CM(0)

王「勇者よ、お主の旅は基本無料じゃ」

引用元: 王「勇者よ、お主の旅は基本無料じゃ」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18 03:39:02 ID:qr7W2Nd30

王「頑張って魔王を取っちめて来てくれ。全てはお主にかかっておるぞ」

勇者「あのう、その前にさっき羊皮紙に書かされた『アイディー』と『パスワード』とは何でしょうか」

大臣「吾輩がお答えしよう。先程キミが行ったのは会員登録の手配だ」

勇者「会員登録……」

大臣「その通り、これでキミは魔王を倒す者・勇者として国に正式に認められた」

勇者「すみません。父が元勇者だから僕もその血を引き継ぐ者としてこちらに呼ばれたのでは…」

王「勇者よ、時代とともに勇者のあり方も変わってゆくものと知れ……」

勇者「はぁ……理解できていないけれど、納得しておきます」

王「では勇者よ! 早速、城を出て『女神』に会うと良い。彼女はお主を待っておるぞ」

大臣「後の細かい説明は彼女から聞きなさい。きっとお前の旅を助けてくれるだろう」

王「行けィ勇者! お主の全ての力、知恵、財力を持って人類の危機を救済する英雄となるのじゃ!」

「「「わああああぁぁぁぁーーーー……勇者ぁぁぁぁーーーー……」」」

勇者(基本無料ってどういう意味だろう…)


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18 03:39:41 ID:fWGOI52Q0

これは期待


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18 03:41:38 ID:x5C0chGn0

実際こんなソシャゲ出そうだ


[ 2013年08月19日 23:59 ] カテゴリ:2ch VIP SS 勇者魔王系 | TB(0) | CM(0)

勇「君誰?」悟空「おら?オラ孫悟空だ」

引用元: 勇者「お、お前何者だ!」悟空「オラか? オラ孫悟空だ」



20130509-3.jpeg

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/10(金) 00:02:27.22 ID:GcKeit7v0
勇者「たあっ!」ザシュ!

賢者「勇者様、おみごと!」

武道家「これで全部ね」パンパン

僧侶「はふぅ……疲れましたぁ」

賢者「確かに疲れましたね……勇者様、そろそろ街に戻りましょうか」

勇者「そうだなーゴールドも貯まったし、戻って休むか! 武道家の装備も新調しなきゃだし」

武道家「アタシは別にいいって言ってるのに……」

勇者「お前この間もそんな事言って装備交換しなかっただろ。このあたりのモンスターは強いんだからちゃんと整えないと」

僧侶「勇者様の言うとおりですよ。いくら武道家さんが頑強でも、生身の人間の力には限度があるんですから」

賢者「それでは瞬間移動呪文を唱えましょう……ん?」

ゴゴゴゴゴゴゴ……

勇者「な、なんの音だ?」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/10(金) 00:08:43.85 ID:GcKeit7v0
武道家「地鳴り……じゃないわね……」

僧侶「あっ、見てください! そ、空から何か降ってきます!」

キィィィィィン

賢者「危ない! 皆さん伏せて!」

ドガアアアアアアアン!!!


勇者「げほっげほ……みんな大丈夫か?」

僧侶「は、はい~……でも砂埃かぶっちゃいましたぁ」

武道家「右に同じ……あーお風呂入らなきゃ」

賢者「何が起きたのでしょうか」

勇者「なんか空から降ってきて、それがすぐ近くに……」

???「イチチ……おーいてぇ……ブルマのやつとんでもねえことしやがるなぁ……」

武道家「あれ? 人の声?」

賢者「用心してください、魔物という可能性もあります」チャキッ

[ 2013年05月11日 12:01 ] カテゴリ:2ch VIP SS 勇者魔王系 | TB(0) | CM(0)

勇者「魔王城に長蛇の列ができてる…」

引用元: 勇者「魔王城に長蛇の列ができてる…」



20130430-1.jpg

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/27(土) 23:56:53.31 ID:Voaf8QxS0
ざわざわ、ざわざわ・・・

勇者「一体何の列なんだろう……ていうか、みんなどうしてスーツ着てるんだ」

武闘家「並んでるの全員人間みてぇだな。魔王城まで続いてるぜ」

僧侶「わぁ~! 屋台がいっぱい出てますよ!イカ焼き食べましょ、イカ焼きー!」

勇者「そ、僧侶ちゃんはマイペースだなぁ。とりあえず並んでいる人に尋ねてみようか…あのー」

「はい?私でしょうか 何か?」 勇者「あ、その、この列って何なのかなぁと…」

「決まってるじゃないですか。皆、魔王討伐へ来ているんですよ」

勇者「え?」

「あなたも同じではないのですか? だったら早く後ろに並んだ方がいいですよ」

勇者「えっ…ここにいる人達、みんな勇者なの…?」 「ええ、勇者です」

勇者「……スーツ姿なのに?」 「そうですけど」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/27(土) 23:58:45.31 ID:2L80Vs4s0
なんかの5分アニメ思い出した

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 00:00:09.36 ID:NCCSraMx0
イカ焼きって魔族のイカでも焼いてそうだ

[ 2013年04月30日 06:53 ] カテゴリ:2ch VIP SS 勇者魔王系 | TB(0) | CM(0)

魔王娘「おかえりなさい、あなた様……」勇者「ああ、ただいま……」

引用元: 魔王娘「おかえりなさい、あなた様……」勇者「ああ、ただいま……」



20130421-5.jpg

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/20(土) 13:28:38.09 ID:KvaE4M8X0
~~魔王城 玉座の間にて~~

勇者「はぁ……はぁ……はぁ……」

魔王「もう諦めてはどうか?」

勇者「うる……さいっ……」

魔王「大人しく引き下がるなら、命は助けようと言っているのだ。悪い話ではなかろう?」

勇者「そんな……甘言に乗せられるものか!」

魔王「甘言ではない提案だ。仲間は倒れ、貴様は剣を握った手すら動かせない」

勇者「くっ……」

魔王「今、適切な処置を行えば、仲間達の命も助かろう。勇者ともあろうものが仲間を見捨てるのか?」

勇者「そ、それは……」

魔王「聞け。私を殺したところで、貴様らの世界は何も変わりはせん。それは貴様もわかって……」

勇者「それでも俺は!!」

 ――ガチャッ

??「……お父様?」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/20(土) 13:29:11.28 ID:KvaE4M8X0
魔王「娘よ、ここに来るなと言っておいたはずだ」

魔王娘「でも……お父様が心配で……」

勇者「……む、娘だと!?」

魔王「全く困った娘だ……ご覧の通り私にも守るものがある。だから簡単に死んでやる訳にはいかんのだ」

勇者「……っ」

魔王娘「あ、あの……お父様、そちらの方は?」

魔王「あぁ、勇者だよ。私の命を奪いに来た、な」

魔王娘「まぁ、お父様の命を!? どうしてそんな酷い事を……」

魔王「さてな。人間には人間の都合というものがあるのだろう」

魔王娘「あの……」

勇者「な、何だ?」ビクッ

魔王娘「どうしてお父様の命を狙われるのですか?」

勇者「そ、それは、魔王が世界を滅ぼそうとしているからに決まっている!」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/20(土) 13:29:58.91 ID:HJp8o5Qb0
続けて

[ 2013年04月21日 18:36 ] カテゴリ:2ch VIP SS 勇者魔王系 | TB(0) | CM(0)

勇者「新しい魔王ちょろくね?」

引用元: 勇者「新しい魔王ちょろくね?」



魔王戴天(まおうたいてん)魔王戴天(まおうたいてん)
(2007/07/25)
陰陽座

商品詳細を見る


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/27 00:59:09 ID:B8tDnE8i0
勇者「魔王はもう倒したはずですが?」

王「どうやら新しい魔王が誕生したらしいのだ」

王「必要な道具も一通り揃えた」銅の剣、薬草3つ

王「ということでもう一度魔王を討伐してきてくれ」

勇者「は、はあ…」

王「では頼んだぞ勇者一向」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/27 01:02:51 ID:B8tDnE8i0
魔王の城

ドラゴン「いよいよだな」

ギガンテス「どんな魔王なんだろう…」

新魔王「あ、どうも。新魔王です。皆さん、どうぞよろしく」

新魔王「えー、話が長いとアレなのでまずは皆でお酒でもどうですか?」


魔物(こいつが魔王で大丈夫なんだろうか…)

[ 2013年02月28日 20:16 ] カテゴリ:2ch VIP SS 勇者魔王系 | TB(0) | CM(0)

王様「他の国王ども張り切り過ぎだろ……引くわ」

引用元: 王様「他の国王ども張り切り過ぎだろ……引くわ」




盗賊たちの狂詩曲(ラプソディ)―ソード・ワールドRPGリプレイ集スチャラカ編(1) (富士見ドラゴンブック)盗賊たちの狂詩曲(ラプソディ)―ソード・ワールドRPGリプレイ集スチャラカ編(1) (富士見ドラゴンブック)
(2006/07)
山本 弘、グループSNE 他

商品詳細を見る


前スレ:大臣「あなたは私たちの期待に足りうる人材ですか」勇者「……あっ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 11:29:32 ID:M+sBJ7Rj0
大臣「あなたは私たちの期待に足りうる人材ですか」勇者「……あっ」の続きです


―東の王国―

王様「いやー、しっかし俺たちの国は平和だねー。政治が楽ちん楽ちん」

大臣「王様!王様!」タッタッタ

王様「なんだよ大臣、人がせっかくまったり玉座に座ってるっつうのにそんなに慌てて」

大臣「勇者からの手紙が来たんですよ!」

王様「え!? マジで!?」

大臣「はい! 現在勇者は魔法使い、僧侶、戦士の四人のPTで『商人の街』へ入ったとのことです」

王様「……無事に旅はできているんだな」ホッ

大臣「それまでの経過がまとめてあるので読み上げます」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19 11:31:08 ID:wsuVBoPF0
続きか

[ 2013年02月26日 00:04 ] カテゴリ:2ch VIP SS 勇者魔王系 | TB(0) | CM(0)

大臣「あなたは私たちの期待に足りうる人材ですか」勇者「……あっ」

引用元: 大臣「あなたは私たちの期待に足りうる人材ですか」勇者「……あっ」



勇者ヨシヒコと悪霊の鍵 DVD BOX(購入者イベント応募抽選券付初回限定版)勇者ヨシヒコと悪霊の鍵 DVD BOX(購入者イベント応募抽選券付初回限定版)
(2013/03/22)
山田孝之、木南晴夏 他

商品詳細を見る


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15 09:56:03 ID:xve0yfvY0
大臣「南の勇者が魔王の城目前で魔物の群れに倒れたんですよ」

勇者「あ、はい(なんで謁見が面接形式なんだよ……)」

大臣「北の勇者、西の勇者も既に魔王討伐の旅に出ている」

勇者「あ、はい」

大臣「この王国に生まれた四人勇者の内の一人としてあなたには期待したいのですが……」

勇者「あ、はい」

大臣「特技や長所など、何か自慢できることはありませんか?」

勇者「……あっ、しゅ、修行がんばりました!」

大臣「あー、そうですか」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15 09:56:53 ID:Dp3XIwVj0
(あ、落ちたな…)

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15 10:04:20 ID:ohp+RJ5GP
ここまで圧迫されても受かったらブラックだな

[ 2013年02月22日 20:37 ] カテゴリ:2ch VIP SS 勇者魔王系 | TB(0) | CM(0)

勇者「さて、魔王を倒すか」

引用元: 勇者「さて、魔王を倒すか」



伝説の書I「勇者ヨシヒコと魔王の城」 (伝説の書 1)伝説の書I「勇者ヨシヒコと魔王の城」 (伝説の書 1)
(2012/12/13)
福田雄一

商品詳細を見る

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 20:00:50.37 ID:zq8oxmvw0
魔王「勇者が旅に出たという情報が入ってから、もう三年か」

従者「はい、三年が経ちます」

魔王「ということは、お前を雇い入れて三年が経つのだな」

従者「ですね。もう三年、時の流れは早いです」

魔王「時は巡り、生きとし生けるものは移り変わっていく、か・・・」

従者「なんの事です?魔王さまはいつもとお変わりないようですが」

魔王「お前の事だ」

従者「変わった・・・、私って変わりました?」

魔王「どうだろうな」

従者「あっ、もしかして今からかってます?」

魔王「(三年か・・・)」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 20:01:30.20 ID:zq8oxmvw0
~三年前~

家来「魔王様!たった今、斥候から勇者が旅へと出発した、との情報が入りました」

魔王「・・・そうか」

魔王「御苦労、下がってよい」

従者「五年ぶり・・・ですかの」

魔王「爺、居たのか。腰痛で寝込んでいたと聞いていたが」

従者「ふぉっふぉっふぉ。勇者が旅に出たと聞いたのでな、老骨に鞭を打って出てきたのじゃよ」

魔王「自分で老骨と言うか」

従者「じゃが、事実その通りじゃ。わしの存命中には後任を決めていただかねばなりませぬぞ」

魔王「まだまだくたばりそうにないが。しかし、勇者が出たとなれば新たに家来を雇い入れぬとな」

従者「そうじゃのう、前勇者の時はかなり激しい戦いになったしの」

魔王「うむ、適当に募集を頼む。人選も任せた」

[ 2013年02月15日 06:47 ] カテゴリ:2ch VIP SS 勇者魔王系 | TB(0) | CM(0)

魔王「この世界に魔法など存在しない!」

引用元: 魔王「この世界に魔法など存在しない!」



マスターオブモンスターズIII セレクション2000マスターオブモンスターズIII セレクション2000
(2008/12/25)
Windows XP

商品詳細を見る


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 22:23:17.72 ID:YIsSVBeO0
側近「はぁ?いったいなにを言ってるんですか?」

魔王「魔法が使えるなどと言う戯言に付き合う気はないと言っているのだ」

側近「……」

魔王「我が魔王軍から魔道兵団を廃止する。歩兵部隊を増強するのだ!」

側近「ちょっ、何言ってんですか。そんなことしたら人間軍にまけてしまいます!」

魔王「黙れ、私が魔王になったからにはそんな戯言には付き合わん。魔法など存在せん」

側近「いえ、現に魔法は…」

魔王「ならばつかって見せよ」

側近「え」

魔王「魔法が使えるのであれば見せてみよ」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/25(金) 22:23:48.02 ID:YIsSVBeO0
側近「お、おい。ワーウルフ」

ワーウルフ「へ?」

側近「魔法をお見せしろ」

ワーウルフ「ここででっすか?」

側近「早くしろ」

ワーウルフ「は、はいっす!はぁぁ…」ゴゴゴゴゴ

ワーウルフ「闇に堕ちし地獄の太子よ…獄炎となりてすべてを滅ぼせ!」

魔王(何言ってんだ?こいつ…)

[ 2013年01月27日 06:04 ] カテゴリ:2ch VIP SS 勇者魔王系 | TB(0) | CM(0)
PR
最新更新を Twitter 配信しています

2ch_aavipmatome < > Reload

オワタおみくじ
人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言


べんぴねこボタン
べんぴねこボタン2
検索フォーム
2chまとめ作成ツール


メールフォームぷらす
何がプラスなのかわからないけど…




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


↓ よろしければクリック投票もお願いいたします♪ ↓





にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村
他サイトの気になる記事一覧


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。